輸入住宅の建築実例

フランスの街並みに溶け込むかわいい家

  • 玄関ポーチ

    鮮やかなブルーの扉が印象的。マンサード屋根にすることで、小屋裏スペースを確保しています。

  • 玄関ポーチ

    扉の円盤状の取っ手は、イタリアから取り寄せたもの。ディテールに本物を使うことによって、ヨーロッパの香りが醸し出されます。

  • パティオ

    アーチ越しにパティオを見る。この空間の上部にバスルームを設けています。

  • ロートアイアン

    自分たちだけの空、光、風が、パティオにやさしく舞い降ります。

  • パティオが住まいの中心

    住まいの中心にパティオがあることで、どの居室にも自然光がたっぷりと注がれます。

  • リビングインテリア

    ホワイトを基調としながらも、木の質感があふれる床材を用い、空間にぬくもりを与えています。サッシはすべて木製を採用。

  • ダイニング

    キッチンからダイニング・リビングルームを見る。左手には勝手口があり、食材などをダイレクトにキッチンに運べる工夫もなされています。

  • ホワイトにブルーを合わせたコーディネート

    ホワイトにブルーを合わせたコーディネート。美しいコントラストが魅力的です。

  • 広々としたバスルーム

    家族3人で仲良くお風呂に入るのが大好きだというAさん。広々としたバスルームには、ジャクソンのジャグジーを採用。

  • フレンチスタイル外観

    窓からこぼれる照明の光が、暮らしの豊かさを感じさせてくれます。時が重ねられても決して色褪せない佇まいです。

住まいの中心にパティオがある。オープンエアの暮らしが、やすらぎを運ぶ。

パリ郊外に建つ瀟洒な佇まい。そんな雰囲気を身に纏ったA邸のコンセプトは、まさにフランスでした。仕事柄、度々フランスをはじめとするヨーロッパ各国にアクセサリーを買い付けに出かけるオーナーが抱いていたのが、街並みにしっくりと溶け込むかわいらしい家。デザインだけでなく、暮らし方も再現できる住まいを希望されたといいます。
そこで参會堂が提案したのが、パティオを中心とした空間設計です。建物正面にレイアウトされた駐車スペースから、鮮やかなブルーの扉を経てパティオへとつながります。その右手にはリビングルームが配され、パティオを抜けた正面に玄関ドアが。つまり、出かけるときも、帰宅したときも、くつろぐときも、すべてパティオが暮らす人を包むというわけです。
「隣家との間には、高い煉瓦壁を設えていますから、視線を感じることなくオープンエアの暮らしが楽しめます。フランスをはじめとする海外の人は、こういった開放的な時間の過ごし方を大切にします。都会の真ん中ですが、私たちだけのプライベート空間が持てたことで気持ちが豊かになりましたし、家族の笑顔も増えた気がします(笑)」。
爽やかな風も、明るい光も、青空も独り占め。そんな贅沢で素敵な暮らしが、ここにあります。