輸入住宅の建築実例

憧れ続けたライトのプレイリースタイル

  • スタイルカンパニー

    水平ラインを強調した美しい佇まい。ビルトインガレージではなく、帝国ホテルをヒントに車寄せのようなオープンなガレージに仕上げました。

  • スタイルカンパニー

    玄関には「サーマスルー」社製の輸入ドアを採用。ステンドグラスが空間に彩りを加えます。

  • スタイルカンパニー

    リビングから階段を見る。階段下の本棚には仕掛けが施してあり、そこの奥には隠し部屋が設えられているのだとか。

  • スタイルカンパニー

    煉瓦の壁に腰板を合せて。腰板は現場合わせで加工しました。左右の照明も、フランク・ロイド・ライト財団認定のものだそうです。

  • スタイルカンパニー

    心落ち着く和室もライトデザインを用いて少しモダンに。スタイルカンパニーはもともと大工工務店だったことから、その技能を用いてつくられました。床板は銘木店から特別に仕入れたものだそう。

  • スタイルカンパニー

    ホワイトを基調とした爽やかなキッチン。右手にはリビングが広がり、家事をしながらでも家族と会話が楽しめます。

  • スタイルカンパニー

    住まい全体が緩やかにつながり、家族の絆が深まる空間設計を。これはスタイルカンパニーのポリシーであり、プレイリースタイルのデザイン思想でもあります。

  • スタイルカンパニー

    圧倒的な開放感をもたらしてくれる吹き抜け。こんな大空間でも、全館空調「MaTHシステム」によって季節問わず、快適に過ごせます。

  • スタイルカンパニー

    天井にもライトの意匠を。ダウンライトの位置、そして配線計画もしっかりと練り上げ、完成させました。

  • スタイルカンパニー

    Y邸は、回廊デザインが用いられ、生活動線がとてもよいのも特徴のひとつ。「ライトの家をつくって欲しいとお願いしましたが、デザインを含め、ここまで自由に、そして要素をふんだんに採り入れた提案をしてくれたのは、スタイルカンパニーだけでした」。

フランク・ロイド・ライトの世界観に包まれ
優雅な気分で、家族との豊かな時間を愉しむ

海外駐在をしていたこともあって、欧米建築には造詣が深いYさん。中でも世界三大建築家と評される、フランク・ロイド・ライトが提唱したプレイリースタイルに魅了されたといいます。そこで設計自由度の高いスタイルカンパニーに依頼。見事に水平ラインを強調し、部屋同士をひとつの空間として緩やかにつなぐ、プレイリースタイルのデザイン思想をしっかりと活かした住まいを完成させました。

「私の依頼に対し、スタイルカンパニーの設計士の方が、わざわざ明治村に移築された帝国ホテルや芦屋市にある旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館)に足を運び、デザインや設えを細部にわたって確認してきてくれました。そこでの要素もアイデアとしてふんだんに採り入れてくれたので、とても満足しています」とYさんは笑顔で語ります。

住まいの中心に吹き抜けを配し、家族がどこにいても気配が感じられる空間設計が特徴のY邸。開放的で広々とした住まいでありながら、全館空調「MaTHシステム」を導入することで、家庭用エアコン1台ですべての居室が快適な室温に保たれます。もちろん意匠はすべてライトデザインを踏襲したもの。お気に入りの様式に包まれながら、家族との絆が深まる空間設計に大満足のご様子です。

「日本の街並みではなかなか見かけない佇まいでありながら、しっくりと周辺環境に馴染むこのデザインは本当に素晴らしい。これからも大切に住み続け、子どもたちの世代にも受け渡していきたいですね」。