輸入住宅の建築実例

ウィスラーの美しい自然が似合う家

  • スタイルカンパニー

    1階部分は煉瓦貼り、2階部分は漆喰の塗り壁で構成された「阿久比モデルハウス」。東西にレイアウトされた六角形を半分にデザインした塔屋のような空間が、建物にアクセントを与えています。

  • スタイルカンパニー

    薪のはぜる音をききながら、ゆったりと過ごす。薪ストーブは、暮らしに豊かさを与えてくれるアイテムです。後ろの壁は耐熱用にセメントで設えた擬石。有名アミューズメントパークで使用されたものです。

  • スタイルカンパニー

    伸びやかな吹き抜け空間。上階の窓から自然光がやさしく降り注ぎます。しっとりとした質感の壁は、ドライウォールならでは。

  • スタイルカンパニー

    ダイニングルーム。壁には煉瓦を、天井にはアロマティックシダーという香りの強い素材を用い、カナダの登り梁をイメージして仕上げました。床はオークを使用しています。

  • スタイルカンパニー

    2階は主寝室と子ども部屋2つ、そしてゲストルームをレイアウト。オープンな廊下には、1階からの声もしっかりと届きます。

  • スタイルカンパニー

    オークとホワイトのドライウォールの組み合わせは、絵画などの飾りつけも美しく引き立ててくれます。

  • スタイルカンパニー

    2階にあるトイレ。鮮やかなレッドを用いる斬新なアイデアですが、腰までの部分にホワイトのパネルを採用することでお洒落に仕上がりました。

  • スタイルカンパニー

    爽やかな印象の子ども部屋。木と子豚の絵は画家が直接、壁に描いたものなのだそう。北欧デザインをイメージして居室を彩りました。

  • スタイルカンパニー

    小屋裏のような主寝室。壁にはロサンゼルスから仕入れた、岩のような雰囲気に仕上がるティックストーンを用いました。

  • スタイルカンパニー

    1階のトイレ。お洒落なパープル色でコーディネート。シャンデリアは、アメリカで大人気のブランド「ポッタリーバーン」の子ども用家具からチョイス。

カナダ・ウィスラーに佇む山小屋
落ち着きと高級感に包まれた暮らしを

世界のリゾートの中でも高い人気を誇る、カナダ・ウィスラー。中でも冬季は、スキーを楽しむ人で賑わいます。そんな自然に恵まれた場所に美しく溶け込む山小屋のような佇まい。そんなコンセプトで「阿久比モデルハウス」は建てられました。

朝は家族みんなで心地よい朝陽を浴びながら食事をする。そんな想いから東側にダイニングルームを設けました。夕方から夜にかけては、落ち着いた雰囲気の中で家族が集えるようにと西側にリビングルームを配しました。また、家族が1階、2階、どの部屋にいても気配が感じられ、緩やかなつながりを持つために吹き抜けを採用し、その大空間の中に2階のオープンな廊下が走る設計となっています。いずれも、モデル家族を想定し、そのライフスタイルに沿ったプランニング提案となっているのです。

やさしい温もりを届けてくれる薪ストーブ、それを囲うような古びた天然石を模した壁、煉瓦貼りのダイニング、そして天井を板張りにし、小屋裏のように仕立てた主寝室など、コンセプトである“山小屋”をシックさと高級感を感じさせながら、見事に表現しています。

いつまでも大切に、愛着を持って暮らし続けていく。まさに「阿久比モデルハウス」は、次の世代に受け継がれるデザインを体現した住まいです。