輸入住宅の建築実例

自分のわがままをすべて叶えた理想の家

  • クラフトメイドハウス

    フランス・パリの街に佇む、アパルトマンをイメージしてデザインした外観フォルム。

  • クラフトメイドハウス

    淡いブルーを基調色に選んだ妹さんの部屋。長女の部屋とは窓形状の違いで差別化を図りました。

  • クラフトメイドハウス

    お姉さんの部屋は、大好きなピンクをあしらって。おしゃれなトルソーがとても似合う空間です。

  • クラフトメイドハウス

    パウダールームは、すみれ色の壁とホワイトのパネルに、ゴールドの金具を合せました。上質さが漂う空間です。

  • クラフトメイドハウス

    北側玄関は暗くなりがちですが、爽やかなグリーン色を採用することで明るい印象に。リビングの壁よりも少し明るめの色をチョイスしたそう。

  • クラフトメイドハウス

    空間の雰囲気を損なわないようにと、チェストとテレフォンボードはクラフトメイドハウスが手づくりで仕上げました。ステンドガラスの向こうにアトリエを配置。

  • クラフトメイドハウス

    完成した作品をどの場所に置いても絵になるように、空間デザインにこだわったとHさん。特に細かな装飾を施したマントル・シェルフ(暖炉棚)はお気に入りなのだとか。

  • クラフトメイドハウス

    落ち着きのあるグリーンの壁にホワイトのパネル、そしてモールディングは少しクリームがかった色に仕上げ、空間に美しい調和を生み出しました。H邸の壁は、やさしい質感が特徴のドライウォール。

  • クラフトメイドハウス

    広々としたカウンタートップは、効率的な調理や配膳を応援してくれます。ダイニングでくつろぐ家族や生徒さんを見ながらお茶の支度をするのも、素敵な時間のひとつです。

  • クラフトメイドハウス

    透き通るようなホワイトのタイルをあしらったキッチン。娘さんと並んでつくれる広さに仕上げたとHさん。

この空間に身を置けば、みんなが優雅な気持ちになれるように

ヨーロッパ、特にフランスが大好きと言うHさん。以前より旅行に出かけては、プチホテル巡りを楽しんでいたそうです。そんなことから新しく家づくりをする際には、パリの街並みを彩るアパルトマンのようなデザインをイメージしたと語ってくれました。
「羊毛フェルト教室を自宅サロンとして開こうと考えていましたので、家族はもちろんのこと、生徒さんにも優雅な気持ちで過ごしていただける空間に仕上げたかったのです。だから色使いはもちろん、壁の質感やパネルデザインなど、細かな部分にまでこだわりました。この家は、私のわがままが全部詰まった宝物です」と微笑むHさん。

そんなこだわりの要望に対し、真摯に耳を傾けてくれたのが『クラフトメイドハウス』。海外の本物のデザイン・施工を知り尽くしていることに信頼を寄せたそうです。
「基本的に輸入材を用いていますが、それでもイメージに合わないものは手づくりで対応してくれるのですよ。私もものづくりをしているので、“つくる”ということにとことんこだわってくれる姿勢に、とても魅力を感じました」。

完成した家は、Hさんはもちろんのこと、生徒さんからも大好評。「レッスンに来る日が待ち遠しくてしかたがない」「玄関扉を開けるたびにテンションが上がる」などの声が聞かれます。それはご家族も同じだそうで、
「娘たちは一緒にお買い物に行っては、自分たちの部屋に似合うものを探しているようです。この家に暮らしてから、さらに女の子らしくなったなと感じています。彼女たちにも素敵な感性が宿り始めていると思うと、この家を建てて本当によかったと思っています」。