輸入住宅の建築実例

自然と共生する2つのガーデンを持つ家

  • 勾配屋根に天然石と吹き付けを組み合わせた外観フォルムは、どっしりとした重厚感の中にナチュラルさも感じさせる趣のある佇まい。まさに「邸宅」と呼ぶにふさわしい住まいです。

  • 壁は、外壁と同素材を用い、天井の一部には一枚板の米松を採用することで、室内にいながら外部とのつながりが感じられるデザインに仕上げました。エタノール暖炉が、暮らしにワンランク上の上質さをプラスしてくれます。

  • リビング横にはラウンジを配置。この空間はスキップフロアで一段高く仕上げ、独立した場としての演出を行っています。天井高は5m超。ヘリンボーンの床にステンドグラス、モールディングなどにより、エレガントさ漂う空間となりました。

  • ダイニングルームは、高級感のある折り上げ天井に。こうすることで空間に伸びやかさも生まれました。扉の向こうにはコンバーチブルガーデンが広がり、リビングルームとも回遊できるプランとなっています。

  • 機能性を高めるために、回遊式のレイアウトを採用したキッチン。面材に木目やホワイト、壁には光沢感のあるグレーのタイルを用い、明るい印象に仕立てています。

  • 屋外スペースでありながら、木製折戸を閉じれば屋内としても使用できるコンバーチブルガーデン。四季折々、日々の移ろいを感じながら、豊かな暮らしが送れます。

  • 光沢のあるタイルやシルバーウォルナットのカウンターなど、素敵な北欧デザインの息吹が感じられるコーディネート。毎日の支度時間も、心が躍りそうです。

  • ゆとりあるマスターベッドルームにプライベートガーデンがつながります。プライバシーにもしっかりと配慮されているので、心穏やかにのんびりと過ごせます。

  • ラベンダー色がやさしい子ども部屋。スウェーデン伝統柄であるクルビッツ&ダーラヘスト柄のカーテンが、空間に楽しさをプラスしてくれています。

  • 琉球畳に掘りごたつで仕上げた和室。手染めの手漉き和紙を張った床の間には、デンマークの手工芸品であるウールのタペストリーを飾りました。モダンさとぬくもりが感じられる空間です。

北欧の住思想を日本という舞台に、美しく、心地よく表現。

北欧は美しい自然と、厳しい気候に包まれた地。そんな中で育まれた住思想は、氷点下の中でも家族を守る高い住宅性能を持つことであり、木や石などの素材をふんだんに用いることで、やすらぎに満ちた空間を生み出すというもの。四季があり、南北に長く、地域によってそれぞれの気候・風土を持つ日本においても、その住思想はしっくりと馴染みます。 屋内と屋外の垣根をなくし、それぞれの季節で最も心地よく過ごせる場をつくる。四季はもちろん、一日の移ろいも存分に楽しめるそこには、家族やゲストが笑顔で集います。人と人、人と自然が交差し、調和する住まいは、幸せにあふれているのです。 『スウェーデンハウス』の「つくば第2展示場モデルハウス」の大きな特徴は、そうした思想を表現した“コンバーチブルガーデン”にあります。庭を屋内に取り込むという発想から生まれたこの空間は、木製折戸によって内と外をセパレート。気候のいい時期には開放し、寒い季節には閉じて暖炉に火を点す。気の置けない友人を招いてホームパーティを開いたり、趣味の自転車やバイクのメンテナンスの場に利用したり…。住まう人の発想次第で、楽しみ方が広がっていく空間なのです。 「つくば第2展示場モデルハウス」には、もう一つ、素敵な庭の提案があります。それは“プライベートガーデン”。マスターベッドルームとゆるやかにつながるそこは、まさに施主だけのくつろぎスペースです。賑やかに「集う」時も、静かに「個」を楽しむ時も、そこにあるのは自然との一体感。やすらぎの刻(とき)が流れます。