輸入住宅の建築実例

四季を通じて快適な本物の木の住まい

  • 水平ラインが美しいファサードは、都会の街並みにも溶け込むモダンスタイル。外観からも暮らしのゆとりが感じられます。

  • 自然光が行き渡るリビングルームは、白壁に重厚なウォールナットのコントラストが美しい、天井高約5mの大空間。外にはウッドデッキが広がります。

  • リビングとダイニング・キッチンの間には仕切りをせず、オープンな仕立てに。そんな大空間であっても温度差なく、快適に過ごせるのが『スウェーデンハウス』の特長です。

  • 2面採光の明るいキッチンには、アイランドカウンターやワーキングスペースも設けました。レシピを眺めながら、「今日は何をつくろうか」と考えるのも、こんな空間なら楽しそうです。

  • 効率的な家事、すっきりした暮らしを力強く応援してくれるのが、このパントリー。食材はもちろん、ミネラルウォーターなどのかさばるものもしっかりと収納できます。

  • アイランドカウンターは、調理はもちろん、配膳にも大活躍。キッチンとダイニングとの視覚的な間仕切りにもなります。

  • やわらかなグレートーンでまとめられたマスターベッドルーム。心からリラックスできる空間に仕立てられています。広々としたウォークインクローゼットも完備

  • 爽やかさと上質さがミックスした子ども部屋。大人になってもずっと使い続けられるコーディネートがうれしいです。右手には広めのバルコニーも用意しました。

  • マスターベッドルームの壁際に設けられたカウンター。読書をしたり、夫婦それぞれの趣味を楽しんだりと、多目的に使用できます。

  • 子ども部屋に置かれた小物やファブリックも、すべて北欧テイストで。ぬくもりが感じられる提案です。

シェルターであり、オアシスでもある「スウェディッシュ・スタイル」の家

『スウェーデンハウス』の基本哲学。それは「ワングレード・ハイスペック」です。ご提供するどの住まいにおいても“安心”と“快適”に差を設けず、標準仕様が一つひとつの住宅に最適化されたものであること。そんな思い、こだわりで家づくりを行っています。北欧の厳しい自然環境に育まれた人々の暮らしと住まいを、日本の文化や気候風土に合わせて翻訳することで、独自の美意識とクラフトマンシップ溢れる『スウェーデンハウス』の家が誕生します。 中でも強いこだわりを持つのが木材です。厳寒の環境下で生育した木は木目が詰まり、丈夫で美しく、住宅建材としては理想的なもの。そのスウェーデン材を用い、基本部材として木質壁パネル、断熱材のグラスウール、木製サッシ3層ガラス窓などを組み合わせることで、冬は暖かい、夏は涼しい、高気密・高断熱の家を実現していくのです。そこはまさにシェルターであり、オアシス。安心と快適をしっかりと担保する高品質な住まいです。 このようなノウハウと哲学、そして快適さを肌で感じることができるのが、豊洲モデルハウスの「リンド」です。落ち着きのある木の色合い。仕切りがなく、開放的で機能的な回遊動線。伸びやかな吹き抜け空間…。そこに暖炉やトップライトなど、暮らしをより豊かにしてくれる提案が組み込まれています。気密性の高い木製サッシ3層ガラス窓は、フレームの外側を無垢のまま、内側は白く塗装し、現代のスウェーデンの都市生活を美しく再現しています。そんな伝統的な北欧スタイルから一皮むけた「スウェディッシュ・スタイル」は、きっと今を生きる日本の人々にもしっくりと馴染むことでしょう。