輸入住宅の建築実例

明るい光と木の香りに包まれる暮らし

  • 表情豊かなタイルと木を組み合わせた外観フォルムは、とてもナチュラルであたたかな印象が感じられます。煙突が素敵なアクセントになっています。

  • 大きな窓からたっぷりの自然光が流れ込むリビングルーム。床にはウイスキーやワインの樽材として用いられる香り高い無垢のホワイトオークを採用しています。堅牢ながら素足に吸い付くような気持ちよさが特長です。

  • 高級感が生まれるヘリンボーン張りの床は、材の表面を変えて組み合わせることで空間の表情に変化を与えています。

  • 広々としたパントリーは、スキップフロア下の空間を巧みに利用したもの。これだけの広さがあれば、かさばるものもたっぷりと収納できます。

  • リビングとキッチン、ダイニングをL字型にレイアウトしているため、キッチンで家事をしていても家族の気配が感じられ、会話も楽しむことができます。

  • 2人並んでも、後ろを行き来してもゆとりがあるキッチン。ダイニングへの配膳動線もとても便利です。

  • 1階と2階をつなぐスキップフロアをライブラリーに。天井高は約3.7mもあり、1階、2階への視界も広がるため、とても伸びやかな空間に仕上がりました。

  • マスターベッドルームはホワイトの腰パネルに植物柄の壁紙を合わせ、落ち着いた雰囲気に仕上げています。クローゼットを抜けるとバスルームにつながる動線も、暮らしやすさを応援してくれます。

  • 2階には和室を設けています。勾配天井のため小上がりでも圧迫感はありません。和のテイストが似合うのも『スウェーデンハウス』の魅力の一つです。

  • パウダールームも、クローゼットを介してマスターベッドルームと行き来が可能です。朝の支度が楽しくなる、やさしいグリーンを差し色として用いました。

素材が持つ素朴な美しさを感じながら、のびのびと自分らしく暮らす家。

『スウェーデンハウス』の家は、高気密・高断熱で遮音性も高いため、春夏秋冬どの季節も快適に過ごすことができるのが特長です。一年中、Tシャツに裸足で過ごせる心地よさは、この家に暮らせば暮らすほど実感でき、「もう以前の生活には戻れない」と語るお施主様がほとんどです。高気密・高断熱がゆえに大胆で広々とした間取りも可能で、ご紹介する「千葉ニュータウンモデルハウス」では、1階と2階をつなぐ階段の中央に大空間のスキップフロアを設け、家族の思い出が共有できるライブラリーをデザイン。大きな窓がもたらす明るさと開放的な空間構成が素敵な個性を発揮しています。それが可能なのも住宅性能が優れているから。豊かな暮らしを生み出すことができる理由です。 キッチンは夫婦2人で料理が楽しめるように、動線のいいアイランドを採用。ダイニングには、ゆとりある6人掛けのテーブルを用意しました。また、それぞれの空間には無垢の床やタイル、石などの素材をふんだんに用いることで、どこにいても心が落ち着く住まいに仕上げています。「ここに小物を置いて」、「あそこに絵画を飾って」…。シンプルがゆえに、いくらでも自分スタイルに変えていける住まい。それが『スウェーデンハウス』の家なのです。