輸入住宅の建築実例

私らしく暮らす理想の住まいの形

  • タイルと塗り壁を合わせた、あたたかみが感じられる外観フォルム。我が家を眺めているだけで心がやすらぐ、そんな住まいです。

  • 家族が集い、ゲストを招くリビングルームには暖炉を用意。高級感のあるヘリンボーン張りの床は、隣接する趣味の部屋「フィーカ」まで続きます。

  • 料理や家事を応援してくれる機能的なキッチン。作業がしやすいアイランドを設け、すぐ手が届く場所にパントリーを配しました。床は水に強く、クッション性の高いコルクタイルを採用しています。

  • キッチンからダイニング、そしてテラスへの動線が1本の線でつながっているため、とても便利。テラスで育てた野菜やハーブも、手軽に摘みに行けます。

  • カラフルな配色のタイルが、空間を明るく演出するバスルーム。浴槽には半身浴を楽しめるベンチを備えています。

  • パウダールームには、水栓を2つ設けました。忙しい朝の支度の順番待ちから解放してくれるうれしい提案です。

  • トップライトから降り注ぐ自然光が広がるマスターベッドルームには、ブルーグレーの壁紙を用いました。爽やかなリゾート感あふれる素敵な空間です。

  • 天井に板張りを施すことでナチュラルな雰囲気に仕上がった子ども部屋。淡いブルーの壁にはウォールステッカーでかわいく装飾。

  • 2階にあるファミリールームは、家族だけがくつろぐプライベート空間。窓は180度回転するため、大きく開放できるので風通しも抜群です。また掃除がラクに行える利点もあります。

  • 1階に用意されたゲスト用のパウダールーム。クラシカルな壁紙により、優雅な雰囲気が醸し出されます。

好きなものに囲まれて、家族と過ごす素敵な時間。

家族との時間も大切。そして自分らしく過ごす時間も大事にしたい。そんな思いに応えてくれるのが『スウェーデンハウス』の「mjuk(ミューク)」です。家族とのコミュニケーションを楽しみながら、趣味に夢中になれる空間の提案が光ります。「Fika(フィーカ)」と名付けられたその部屋は、ゆっくりとお茶を飲んだり、お裁縫をしたりと、多目的に使えます。壁をグレイッシュな黄色に塗り、そこに腰パネルを合わせることでヨーロピアンな雰囲気に。窓辺に置いたテーブルにはミシン、収納棚にはお気に入りの布をたくさん用意して、洋服や小物をつくります。時には友人を呼んで、おしゃべりしながら教えあうことも。そんな愉快な時間が流れます。 もうひとつの楽しみが野菜づくり。キッチンから続くテラスに家庭菜園「Koloniltt(コロニーロット)」を設けました。そこで育てたハーブやトマトを料理にトッピングすれば、家族からも「おいしい!」の声が。ますます料理が楽しくなることでしょう。また、みんなが集まるファミリールームには、大きな書棚を備えたライブラリーを用意。家族それぞれの大好きな本を持ち寄れば、誰がどんな本を読んでいるかが分かって、それが会話につながります。家族の思い出の写真を飾れば、絆がさらに深まります。自分らしく、家族と楽しく。「mjuk(ミューク)」は、暮らすほどに心が豊かになる住まいです。