輸入住宅の建築実例

アーティストの感性が光り輝く住まい

  • ノアデザインインク

    道路が交差する角地に建つO邸。3方向どこから見ても存在感があるようにという、Oさんの希望が詰まった美しいデザインです。ジョリパット(塗り壁)に塔屋部分のライムストーンを合わせ、アクセントをつけています。

  • ノアデザインインク

    ライラックグレーのフレンチドアの向こうには、伸びやかなサーキュラー階段が。室内の扉、階段の手すりは同系色ながら濃淡をつけ、空間にグラデーションが生まれるようにこだわりました。

  • ノアデザインインク

    アイアンは黒ではなくシャビ―加工を施しています。自然な風合いが感じられる木の質感と相まって、高級感が感じられます。

  • ノアデザインインク

    エントランスの床は、Oさんお気に入りのアンティーク加工を施した大理石。やや凹凸が生まれたことで風合いが増しています。また、汚れが目立ちにくいという機能的な利点も。

  • ノアデザインインク

    長さ3.5mものフランス製のダイニングテーブルに、オーダーから納品まで1か月待ったというシャンデリアがO邸のインテリアのベース。照明は可能な限り用いて統一感を出し、椅子はテーブルの雰囲気に合わせ、奥様が自ら塗装したそう。

  • ノアデザインインク

    左手の大きなキャビネットは、ダイニングテーブルと同じブランドで統一。テーブルの大きさに合わせて天井にモールディングを施したことで、空間に引き締め効果が生まれています。

  • ノアデザインインク

    塔屋部分にはテーブルではなく、あえてソファを置きました。無垢の床、壁、窓枠との色合いが絶妙で、絵画のような美しさが感じられます。

  • ノアデザインインク

    窓際には小さなテーブルを配置。緑豊かな庭を眺めながらのティータイムは、心を豊かにしてくれます。

  • ノアデザインインク

    家の周りには、季節ごとに60種類ものバラの花が咲くそう。住まう人だけでなく、ゲストや街行く人にも愛されるO邸です。

  • ノアデザインインク

    トイレの壁は、少し遊び心を加えてややオレンジがかったピンクをチョイス。ボウルは輸入家具の上に造作しています。

やすらぎという贈り物を届けてくれる、美しい色のハーモニー。

Oさんは、国家技能検定、一級ペインターの資格を持ち、ポーセリンアーティストとしても活躍されています。研ぎ澄まされた感性を生かし、作品をつくっていく。そんな日々の中で迎えた新しい家づくりには、当然のごとく、Oさんのこだわりが随所に散りばめられています。

エントランスのフレンチドアを開けると、そこはライラックグレーの物語が展開されています。淡いブルーにかすかなパープル、そしてグレーを混ぜたやさしさとやすらぎをもたらしてくれる色のハーモニー。表面をエイジングし、シャビーシックで仕上げられた空間は、まさにOさんの感性そのものです。

「たくさんの色で飾るより、ライラックグレーを基調に、空間の色合いをグラデーションしていこうと考えました。まずドアとサーキュラー階段の手すりの色を決め、壁は質感のあるドライウォールに。リビングの床は飴色に輝くオークの無垢材を用いています」とOさん。エントランスは自ら用意したアンティーク加工の大理石を施工してもらうなど、『ノアデザイン』には感謝しかないと語られます。

「細かな注文にも応えてくれて、おかげで私がイメージしていた通りの空間に仕上がりました。理想の我が家が完成し、とても喜んでいます」