輸入住宅の建築実例

ホテル巡りで培った感性を表現した家

  • ノアデザイン

    塔屋がS邸の顔と言ってもいいほど、美しく、そしてさりげなく個性を主張しています。陽当たりのいい南側にリビング・ダイニングをレイアウト。リビングから庭に出られるフレンチドアは、奥様のお気に入りだそうです。

  • ノアデザイン

    シンプルだけれどエレガントさが光る。それがS邸であり、『ノアデザイン』の設計力。モールディングの細かな設えが、シャンデリア、サーキュラー階段と相まって、優雅さを演出しています。

  • ノアデザイン

    落ち着きがあり、上質な雰囲気が漂う空間デザインは、コラム柱やモールディングなどによって生み出されます。

  • ノアデザイン

    塔屋の3連窓をエレガントにコーディネート。いつもの食事の時間が、まるでホテルディナーのように華やかに。

  • ノアデザイン

    ターコイズブルーの壁紙と白いタイルの壁、面材が素敵にマッチ。機能的な広さのキッチンは、とても使いやすいと奥様は喜ばれます。

  • ノアデザイン

    エントランスホールから扉を抜けると、明るく心地いいリビングルームが広がります。ファブリック類にもしっかりとこだわりました。

  • ノアデザイン

    ゲストをおもてなしするために設えた2階のバースペース。もちろんゆったりと読書に耽るなど、趣味を楽しむ場としても使えます。

  • ノアデザイン

    暖炉があるだけで空間に高級感が生まれ、西洋の雰囲気がぐっと深まります。S邸は、どの空間にも見せ場があります。

  • ノアデザイン

    パウダールームは、鮮やかなブルーを用いることで爽やかに。ホテルライクなこの場所で身支度をするだけでテンションが上がるとSさん。

  • ノアデザイン

    トイレも一つの部屋として捉え、デザインしています。また、S邸は空間別に壁紙の色や模様を変え、暮らしのシーンごとに新たな彩りが感じられるように工夫しています。

何度も検討を重ね、意見交換した結果、見つけだした自分らしい理想の形。

「海外旅行が趣味で、宿泊したいなと思うホテルがあると出かけていく。そんなことを若い頃から繰り返すうちに、『こんな素敵な空間で暮らせたらいいだろうな』と思うようになったのです」と笑うSさん。新しく住まいづくりを計画した際には、これまでの思い出を融合させたデザイン・設えにしたいと考えたそうです。

「まずパリにあるLe Meuriceというホテルの内装がとても素敵だったので、あのイメージを表現したいと『ノアデザイン』に伝えました。また、妻がサーキュラー階段に憧れていたので、それも実現したいと。もちろん当初はいろんな建築会社を比較・検討しましたが、デザイン、色使い、そのバランス、施工写真からも感じられる上質な雰囲気に、ここしかないと確信しました」

お気に入りのホテルの写真を参考にしながら、モールディングやコラム、カラーチョイスなどをじっくりと検討。最適なバランスを、時間をかけて見つけ出していったとSさんは語ります。図面も納得いくまで書き直してもらったそうです。

「そういった手のかかることも、真摯に対応してくれたのがうれしかったですね。また、こちらの要望を受け止めながらも、プロとしての意見やスタンスは崩さないところにも信頼がおけました。おかげで完成した我が家は、どの角度から見ても美しい。バランスが整っているのです」

暮らせば暮らすほど愛着が増していくというSさん。自分たちの住みたい形が見つかったと笑顔で語られる姿に、満足度の高さが感じられました。