輸入住宅の建築実例

こだわりが散りばめられた理想の我が家

  • ニットーホーム

    蜂蜜色の外壁と急こう配の屋根がとても美しく、住まう人はもちろん、訪れる人も魅了します。門扉はご夫妻がデザインし、オリジナルで製作してもらったものだそう。

  • ニットーホーム

    まるでヨーロッパの片田舎に建つ住まいの趣きを表現しているのが、このフード・モールディング。このような設えが提案できるのも、ニットーホームの強みです。

  • ニットーホーム

    開放的な吹き抜けを採用したリビングルーム。色違いの木をランダムに組み合わせた床が個性的であり、そして温かみも感じさせてくれます。

  • ニットーホーム

    Tさんご夫妻が「赤の部屋」と名付けたダイニングルーム。窓枠やカーテン、時計などを淡い赤色で統一。ピオニー柄の壁紙は、ローラ・アシュレイ。

  • ニットーホーム

    キッチンはL字型を採用。「キャビネットがいろんな角度から見えるほうがきれいですから」とご主人。赤の部屋のダイニングとつながる空間なので、タイルや調理器具、家電製品を赤で統一されました。

  • ニットーホーム

    階段は、ステップ数やさまざまな角度からの見え方にこだわったそう。玄関との位置関係を調整することで、「上がりかまちが広く取れることが分かり、その結果、内開きの玄関ドアにすることができました」とご主人。

  • ニットーホーム

    落ち着いた華やかさが感じられる輸入クロスを用いたレストルーム。やわらかな光が差し込む、まさに“ひとつの部屋”といった設えです。

  • ニットーホーム

    大好きなホテルをイメージしてつくられたパウダールーム。洗面・キャビネットは、キッチンと同様にデウィルズ社製を採用しました。

  • ニットーホーム

    ローラ・アシュレイの写真集で見た部屋に憧れ、それをできるだけ忠実に再現したというベッドルーム。もともとお持ちであったベッドと窓とのバランスに苦心したそうですが、「大満足です」と奥様。

  • ニットーホーム

    キッズルームは、お子様が大好きな色をチョイス。屋根形状によって生まれた天井部の出っ張りも、「海外の家の小屋裏のようでとても気に入っています」と奥様は微笑まれます。

今も満足。明日、そして数年後も大満足。愛着が深まり続ける住まい。

当初は、アメリカンスタイルの家をイメージしていたというTさんご夫妻。ある日、たまたま手に取った雑誌で見た、イギリス・コッツウォルズ地方に建つ伝統的な住まいに、「心が奪われてしまいました」と奥様は笑います。そこからデザインは急転換。ところがここで壁にぶつかったそうです。

「とても素敵な家なのですが、こんな手の込んだ家を、日本でつくってくれる住宅会社があるのかと。なんとなくそれ風につくる会社はあるのだろうけれど、やるからにはしっかりとこだわりたかったので」とご主人。そんなときに出会ったのが『ニットーホーム』。相談したところ、何とか実現できるように検討を重ねてくれたそうです。その姿勢に「ここなら満足いく家が建つ」と確信したと語ってくれました。

「実は私自身が、とてもものづくりが大好きで、妻もブライダルをはじめとする衣装コーディネーターをしていることから、外観・内観問わず、デザインへの思いが強かったのです。特に私は、打ち合わせを重ねるうちに完全に熱中してしまって(笑)。屋根勾配の角度や煙突の見え方、ドーマーの位置など、自分でパースを描いては合わせを重ね、デザイン画を描き直してもらっての繰り返し。最後まで付き合ってくれた『ニットーホーム』には感謝です」とご主人。

リビングに置かれた薪ストーブの台座は、ご主人がセンチ単位でデザインしたもの。さらに室内の漆喰壁は、なんと自らの手で3か月かけて塗られたというから驚きです。 「それだけに我が家への愛着はすこぶる深い。でも、これが完成形ではないのですよ。庭やテラスなども、これから手を加えていきます。今より明日、数年後が楽しみな家なんて、わくわくします(笑)。本当にいい家を手にすることができました」。