輸入住宅の建築実例

大切な家族とともに過ごす、大人の家

  • アメリカンハウス

    重厚かつ、年月を経ても飽きの来ないデザインが特徴のジョージアンスタイルの住まい。周囲の街並みにもしっくりと溶け込むフォルムです。

  • リビングのマントルピース

    カーテンボックスを天井に埋め込むなど、細かな設えにまでこだわったリビングスペース。マントルピースのギリシャ大理石は、岐阜県まで足を運んで選んだのだそう。

  • ダイニングスペース

    重厚なゲートをくぐるとダイニングスペースに。エントランスとリビング、そしてダイニングがコの字にレイアウトされているため、開放感がありながらも視線を遮る効果があります。

  • 御影石のクックトップ

    クックトップには御影石、床にもそれにあった色調のタイルを用いることで、ホワイトのキッチンがくっきりと浮かび上がります。

  • エントランスホールは大理石調のタイル

    エントランスホールは、大理石調のタイルにペルシャ絨毯を合わせて華やかに演出。

  • ヨーロッパ調のホビースペース

    ヨーロッパ調のホビースペースは、奥さまの趣味であるドールハウスを製作し、飾るための部屋。異なる壁紙の合わせ方も秀逸です。

  • アールヌーボーのマスターベッドルーム

    オーナーご夫妻が大好きなパープルをベースに、アールヌーボーの雰囲気もミックスさせて仕上げられたマスターベッドルーム。ウォークインクロゼットにせず、通路に収納を設けることで開放感が生まれています。

  • ゴージャスな寝室

    美しいドレープラインを見せるカーテンに、薄紫色のレースを合わせ、大人の洗練された優美なセンスを表現しています。

  • 輸入住宅の書斎

    自然光の反射が美しい書斎は、遊び心も加えています。壁にはライブラリーを模した壁紙を。現実と空想の狭間の中に身を置くような不思議な感覚に包まれます。

  • 絨毯張りの階段

    絨毯張りの階段にアイアンがしっくりと馴染みます。いつまでも、どこまでもエレガントな時間が続いていくようです。

しっとりと流れる上質な時間を胸に、静かに家族とのだんらんを愉しむ贅沢。

海外旅行が大好きで、アメリカ・ニューイングランドにも赴任していた経験を持たれているオーナー。いつかは自分のこだわりを反映した理想の住まいを建てたい。そんな思いを抱きながら暮らす中で、偶然見た東急ホームズのモデルハウスの佇まいに、衝撃を受けたと言います。その理由は、外観フォルムはもちろん、空間コーディネートの細部までこだわりたい自分にとって、そこまで対応してくれるハウスメーカーはないのではないかと半分諦めていたから。目に飛び込んできたモデルハウスは、まさに「心の中に描いていた住まいそのもの」だったからだそうです。

トップライトからやさしい光が舞い降りるエントランスを右手に行くと、広々としたリビング・ダイニングが広がっています。折り上げ天井にケーシングが施されたその空間は、まさにエレガントという言葉が最適です。キッチンは、あえてLDと引き戸でセパレートし、そこは一転、眩いばかりのホワイトをベースとした空間に。

8帖よりも狭い部屋はつくらないと決めていたこともあって、2階のプライベートスペースも、どの空間もゆとりと格式が感じられます。大容量のクロゼットなども巧みに配置し、暮らしやすさもしっかりと演出。専属のコーディネーターが、インテリアやファブリック、そしてカラーなどのアドバイスをくれるという、東急ホームズの体制が何よりも心強かったとオーナーは言います。シックな大人の時間が流れるわが家こそ、最高のリゾートであり、理想郷だと、静かに微笑んでくれました。