輸入住宅の建築実例

街に溶け込むスタイリッシュな佇まい

  • フレンチスタイルの外観

    石積みのような重厚感かつ、洗練された美しさを宿す外観フォルムは、いつまでも飽きの来ないシンプルデザイン。周辺環境にもしっかりと馴染む佇まいです。

  • 応接室兼音楽室

    応接室兼音楽室。エントランスホールからすぐに入れる設計にしたのは、ゲストが他の居室にアクセスしなくて済むようにとの配慮から。格天井風の折り上げ天井が、上質な空間へと昇華させています。

  • ゲストダイニング

    ダイニングスペースは、家族だけでなく、ゲストと一緒に食事を楽しむ場所。ホームパーティをすることも多いそうで、キッチンとの動線もしっかりと計算して設計したそうです。

  • アイランドカウンター

    このキッチンを中心に、各居室に動線よくつながるようにレイアウトされているそう。キッチンには、テーブル代わりにもなるアイランドカウンターもあることから、家族が自然と集まってくるといいます。誰がどこにいても、さっと集まれるように。そんなあたたかな思いが詰まったプランです。

  • 階段ホール

    この場所が、パブリックとプライベートの境界線。アーチの向こうには、エレガントな雰囲気が漂うダイニングスペースが広がります。

  • ホテルライクなベッドルーム

    マスターベッドルームには、朝の光がやさしく注ぎ込まれてきます。床はカーペットに、天井は折り上げに。ホテルライクな一室です。

  • プライベートシアター

    前面の天井部分から150インチのスクリーンが下りてくる仕掛け。計10台にも及ぶスピーカーが設置されたプライベートシアターは、圧倒的なサラウンド音響が自慢です。

  • お嬢さまの部屋

    やさしい色合いに包まれるお嬢さまの部屋には、ステンシルシートで描かれた小鳥が飛び交います。

  • バブルジェットを採用したバスルーム

    バブルジェットを採用したバスルームからは、景色を存分に楽しむこともできます。奥の収納の中に洗濯機を隠し、生活感を消しているそう。

  • サニタリー

    1階の主にゲスト用のサニタリースペース&シャワールーム。ゴージャスな雰囲気に包まれたホテルライクな空間です。

ファミリーみんなの笑顔が弾けるプランニング。
何代にもわたって受け継いでいける、
価値ある住まい。

新しい住まいづくりに当たって、オーナーが大切にしたことは、“飽きの来ないトラディショナルなデザイン”と“年齢を重ねても心地よく暮らせる住宅性能”の2つだったそうです。それは、以前にお住まいだった家が、3代受け継いできた築80年を超える純和風の家屋だったから。長く受け継げば受け継ぐほど愛着が増す。そのためには、家自体がしっかりとしていなくてはならない。そんな本物を見つけるために、オーナーは20年も前からモデルハウス巡りを続けていたと言います。東急ホームズとの出会いも、約20年前。そのときも気に入っていたそうですが、いよいよ建て替えを決意した時、改めて触れた同社のデザイン性の高さ、そして住宅性能の優秀さに「ここしかない」と直感されたそうです。

音楽が大好きというご家族は、みなさんそれぞれに楽器を演奏されます。ご友人も音楽好きな方が多く、「みんなが楽しい時間を手にできるように」との思いから、エントランスすぐ脇に、応接室兼音楽室をレイアウトしたそうです。そして、さらにその奥には、映画が楽しめるシアタールームも設けられています。もちろん遊びだけでなく、暮らしやすさも追求されています。勝手口からすぐに荷物が仕舞えるようにパントリーを近くに配置し、キッチンにはテーブル代わりにもなる大きなアイランドカウンターを。1階のサニタリースペースには、ゲストが宿泊した際、気兼ねなく利用できるシャワーブースも用意しました。一方、2階はプライベート空間。ファミリーリビングも設け、家族だけでのんびりと過ごす時間も大切にしたプランニングとなっています。家族も友人もファミリーだというオーナー。そのやさしくて、素敵な心を表現した、みんなを笑顔にする住まいです。