輸入住宅の建築実例

パリのエレガントさを纏った佇まい

  • ハーフサークルウインドウの外観

    壁柱にアーチで飾られたポーチ、ハーフサークルウインドウなど、構成要素は少なくありませんが、それらを美しいバランスで整え、上品さが漂う住まいが完成しました。

  • 家族が集う場

    家族が集う場として、生徒さんが学ぶ場として大活躍のリビング・ダイニング。

  • 2階のリビングダイニング

    明るい自然光が流れ込む2階にレイアウトしたLDK。限られたスペースでも伸びやかに見せる窓や折り上げ天井など、一つひとつの設えが見事。

  • 階段の踏面は黒

    階段の踏面は黒にするというセンス溢れるコーディネート。アイアンの黒も空間を心地よく引き締めてくれています。

  • 2面採光のマスターベッドルーム

    2面採光の明るいマスターベッドルーム。ネイビーブルーのカーテン、ベッドカバーがとても爽やかで鮮やか。

  • ホワイトのマントルピース

    ホワイトのマントルピースの上に、金の縁取りがゴージャスな鏡を配置。空間にビビッドなアクセントを加えています。

  • フラワーボックス

    ホワイトとグレー、そしてブラック。このグラデーションが、フォルムに気品を与えます。

  • ロートアイアン

    草花をあしらったアイアンの門扉。女性らしいやわらかな感性が伝わってくる、こだわりのデザインです。

  • テーブルコーディネート

    テーブルコーディネートの美しさが映えるように、家具やクロス、カーテンに至るまでホワイトで統一しています。

  • メダリオン

    シャンデリアから放たれた光が、メダリオンの装飾に陰影をもたらし、立体的な美しさを空間に届けてくれます。

美意識を細部まで表現した白亜の館。豊かな感性が、空間いっぱいに花開く。

食空間コーディネーターとして活躍されるオーナーが、自宅でサロンを開くために建てたエレガントな住まい。自らの感性を磨いてくれる大好きなフランスの、その息吹が心地よく感じられる我が家に、とても満足していると言います。さまざまなハウスメーカーの中から、東急ホームズの「ミルクリーク」に決めたのは、そのデザイン性と住宅性能。前述の通り、パリに佇む住まいを思わせる素敵なデザインと、一年中、どの部屋に行っても快適な全館空調システムが魅力的だったそうです。

訪れる生徒さんたちに喜んでもらえ、かつ優雅な気持ちでレッスンを受けていただけるようにと、LDKは陽当たりも、眺望もいい2階にレイアウト。内装はホワイトを基調にし、モールディングやメダリオン、クリスタルのシャンデリアなどで彩りを加え、大人のエレガントさを演出しています。自らの美意識をしっかりと伝え、それをデザインに表現してもらうために、渡仏した際に撮りためた写真をコーディネーターに見せながら、綿密に打ち合わせを重ねていったオーナー。そのこともあり、「イメージ通りの外観、期待を超える空間デザインに仕上がった」とお喜びの様子です。気品あふれるその佇まいは、パリの空から届けられた贈り物。白亜の館には、今日も色鮮やかなクロスや食器の花が咲きます。