輸入住宅の建築実例

デザイン、素材、色を追求した住まい

  • 輸入住宅

    左右の塔屋が外観フォルムの特徴。外壁にはライムストーンを用い、瀟洒な佇まいを演出してくれています。

  • シャンデリア

    吹き抜けのあるエントランスホールとリビングの間に、さらに吹き抜け空間を設けた個性的な空間設計。カーテンとクラシックなシャンデリアが印象的です。

  • サーキュラー階段

    エントランスホールでは、サーキュラー階段がお出迎え。ロートアイアンの装飾により、空間がよりエレガントに仕上がっています。

  • 輸入住宅リビング

    床の大理石と壁の煉瓦のカラーをアイボリーにすることで、華やかさと清潔感を演出したリビングスペース。格調高い家具との相性もとてもいい空間です。

  • 輸入住宅ダイニング

    リビングからつながるダイニングスペース。ゲストを招き、奥さまの手料理でおもてなしすることも多いので、大人6人がゆったりと食事ができるゆとりを持たせたそう。

  • デウィルズ社キッチン

    デウィルズ社の、奥さまこだわりのキッチン。上質な無垢材を用いたキャビネットは、まるで高級家具のよう。カウンタートップに合わせ、家電や調理機器も黒に統一しました。

  • 子ども部屋

    明るい床色をチョイスしたお嬢様の部屋。装飾性の高いファブリックにより、空間がやさしく彩られています。

  • マスターベッドルーム

    塔屋部分を活用し、広がりを持たせたマスターベッドルーム。まるでホテルのスイートルームのような上質さが漂います。

  • カバードポーチ

    カバードポーチは、セカンドリビングとしても使用できるほどの広さ。大きな屋根で雨を防ぎ、天窓も確保しているので、とても居心地がいい空間です。

憧れとセンスが融合した、気品に満ち溢れた邸宅がここに。

海外で手にした住宅雑誌。その素敵な輸入住宅の世界に引き込まれ、いつかは自分たちもこんな家に暮らしたいと夢を抱き続けてきたTさんご夫妻。その夢を叶えようとしたとき、何よりも大切にしたのが高級感漂う本物のデザイン。それを実現できるビルダーとして、数ある会社の中から『ノアデザインインク』を選んだと言います。「シックでありながら、ゴージャスさもバランスよく兼ね備えた住まいにしたかったのです。海外の雑誌で見た美しいスタイルを、高い提案力と施工力で形にしてくれる会社は、『ノアデザインインク』しかないと思ったのですね。事実、どの角度から見てもきれいな住まいが完成し、お願いしてよかったと感じています」。

石畳のアプローチを進むと、両開きの重厚感のある扉が待ち受けています。その扉を開けると大理石が光るエントランスホールが。サーキュラー階段が天へと昇り、美しい紋様のロートアイアンが空間に華やかさを与えながら、引き締め効果も担っています。

この住まいの中で、特に力を入れたのがキッチンなのだそう。以前の家のキッチンが狭かったことから、今回はゆとりと機能性を追求した、とことん納得がいくものに仕上げたそうです。ブラックとダークブラウンで統一し、壁面には余すところなく収納を設置。さらにキッチン横にはミセスコーナーも設け、レシピなどの調べものや読書などに使える空間として活躍しています。

もちろん室内だけでなく、屋外にもこだわったというTさん。憩いの場としてゆとりある空間を確保するためにカバードポーチを広く取り、その分、大きくなった屋根には、天窓を設けて明るさを確保しているそうです。「暮らしの中のどんなシーンもしっかりと受け止め、豊かにしてくれます。あのときに抱いた夢が叶い、家族みんなで喜んでいます」。