輸入住宅の建築実例

やすらぎの暮らしを色で演出した住まい

  • 外壁はジョリバット

    外壁はジョリバット仕上げ。石風のタイルを貼るよりも軽やかになるとともに、程よい重厚感も与えてくれます。

  • フラワーボックス

    ヨーロッパの街並みから抜け出てきたかのような瀟洒なフォルム。オーナーお気に入りだそうです。

  • 玄関シャンデリア

    エントランスはホワイトをベースに、ゴールドのシャンデリア、そして深いぶどう色のドアを組み合わせ、鮮やかに演出しています。

  • 吹き抜け

    伸びやかな吹き抜け空間ではあるが、階段下にソファをレイアウトしたことで、開放的すぎない、ちょうどいい籠り感も演出しています。

  • ロートアイアン

    子どもたちとの触れ合いを大切にしたいという思いから、リビング階段を採用したというNさん。アーチ状のゲートや階段のアイアンが上質さを生み出してくれています。

  • ダイニングスペース

    気品あふれるダイニングスペースからは、窓越しに季節の草花が望める。美しいガーデンを眺めながらの食事は、さぞかし楽しいことでしょう。

  • ホワイトキッチン

    料理をする手もとがゲストに見えないようにと、カウンター部分を高くしたキッチン。奥の扉の向こうは、たっぷり収納できるストックルームが用意されています。

  • 琉球畳

    祖父母が大切に暮らしていた家を建て替えたN邸。その歴史をしっかりと受け継ぎたいと、床柱や欄間を再利用した和室を設えたそう。

  • ヨーロピアンベッドルーム

    マスターベッドルームは、シャンパンゴールドの壁紙を用いて、空間全体のトーンを落としています。このことにより、心からリラックスできる空間となりました。壁の一部をパープルカラーにしたところに、オーナーのセンスが感じられます。

  • トイレ

    ゴールドを散りばめたサニタリー。ベースの色が薄いブルーなため、ゴージャス過ぎない程よい空間に仕上がっています。

心に描いたイメージをそのまま形に、いつまでも色褪せることのない素敵な時間を。

 

ヨーロッパ郊外の瀟洒な佇まい。重厚過ぎず、スタイリッシュ過ぎず、「ローマの休日」で観たような、しっとりとした石の風合いが感じられる住まいにしたいというのが、オーナーであるNさんの希望でした。「そんな繊細なこだわりを形にするのは簡単ではないと思っていましたので、住まいづくりは何年かかってもいいと考えていました。そこで日頃からいろんな雑誌を買って、たくさんの作品を見て、自分が本当に素敵だなと感じたものをピックアップしていったのですね。あるときそれらを見返したら、どれも『ノアデザインインク』のものだった。ここなら思い描いた家が建てられると確信しました」。

この住まいをつくるに当たり、Nさんは“色で遊ぶ”ことにこだわることにしたと言います。空間のやすらぎを色で表現したら、とても心地のいい家になるだろう。そんな思いから、やさしげな色合いを巧みに重ね合わせ、シックなエレガントさが漂う空間を実現されたのです。「ダイニングの壁はグリーン系を採用し、テーブルやキッチンには色をつけずに、空間に落ち着きを与えています。その一方でリビングはホワイトを基調としながら、家具で色をつけることにしました。どの部屋にいても心がすっとこの家に馴染んで、すごく気持ちいい時間を手にすることができています」。

モールディングやケーシングなど、部材一つひとつが海外の本物だということも、Nさんが『ノアデザインインク』に決めた大きな理由。「それらが日本の既製品だと、長く暮らすうちにいろんな角度から“日本”が顔を覗かせます。それではこの家を建てる意味がない。欧州の香りが漂うこの住まいに身を置いていると、日本にいることを忘れてしまうような感覚になれるのですよ」。