輸入住宅の建築実例

スローライフを手にする理想の住まい

  • ラップサイディング

    オフホワイトのラップサイディングにグリーンのペイントを合わせ、「米軍基地にある将校の家」の雰囲気を醸し出しました。

  • デッキスペース

    傾斜を巧みに利用し、見晴らしのいいデッキスペースを実現しました。屋根材に用いられるシダーシェイクを外壁に貼り、フォルムにメリハリをつけています。

  • ローズガーデン

    広々とした庭には、ご主人が大好きな薔薇を植えてローズガーデンに。春と秋には友人たちを招いて、ガーデンパーティを催すのが恒例なのだとか。

  • デッキテラス

    心地よい光を受けながら、ちょっとグラスを傾ける。贅沢な時間が流れていきます。

  • 輸入タイルのサニタリー

    ブルーとホワイトのタイルで構成されたサニタリースペースは、清潔感溢れる空間として仕上がっています。オーナーが希望し、輸入タイルのカタログ写真を忠実に再現したのだそう。

  • 子ども部屋

    あたたかみのあるフローリングが、空間をやさしげな雰囲気に。窓からはローズガーデンが眺められるのだとか。

  • ラウンドトップ・ウインドウ

    ラウンドトップ・ウインドウから、明るい自然光が降り注ぐダイニングスペース。パステルグリーンの壁紙がとても爽やか。

  • 勾配天井

    大きく窓を取ることに加えて、トップライトも設えたことで、広々とした空間のすべてがとても明るく、心地いいLDKとなっています。

  • アイランドキッチン

    料理が大好きな奥さまのお気に入りの場所。職人による手仕上げのタイルをあしらったハンドメイドによるアイランドキッチンが、ひときわ輝いています。

  • ロフト

    30帖ものロフトスペースは、『つるおか工務店』の提案から誕生。趣味のギターを楽しむホビースペースとして活躍しています。

アーリーアメリカン調の美しいフォルム。夫婦の想いを形にした、素敵な終の住処。

定年退職後の終の住処として、海外も視野に土地探しをされたUさんご夫妻。ラグーナを望む房総のリゾートタウンに、ゴールドコーストの高級リゾートであるインターコンチネンタル・サンクチュアリー・コーブの景色が重なって見えたことから、この地を選んだそうです。住まいを建てるにあたっては、地元で長年、輸入住宅を手がける『つるおか工務店』に信頼を寄せたといいます。

コンセプトは、“米軍基地の将校が住む家”。ホワイトのラップサイディングに気品あるグリーンの差し色でコーディネートされたアーリーアメリカン調の外観が、手入れの行き届いた芝生のガーデンによく映えます。室内は、パステルグリーンの壁紙にハンドメイドタイル、あたたかみのあるパインの床で構成し、シンプルながら明るく開放的な空間を誕生させています。

広々としたリビングを囲むように配された広大なウッドデッキは、たくさん友人を招いてホームパーティをする機会の多いUさんのライフスタイルをしっかりと受け止めます。「第二の人生を友人たちと支え合いながら生きていく私たちにとって、まさに理想の住まい。スローライフの心地よさを、いま満喫しています」。