輸入住宅の建築実例

日常を、贅沢な非日常へと変える住まい

  • 照明計画もしっかりと行ったことで、夜になってもそのフォルムは輝きを放ちます。

  • ロートアイアン

    アイアン装飾が優美な階段は、計画的に配された窓から流れ込む光で、美しく照らし出されます。階段下のスペースを利用して、愛犬専用ルームを用意しました。

  • 伸びやかな吹き抜けのあるリビングスペース。カッシーナのソファに、ペルシャ絨毯がよく似合います。写真右手には掘り炬燵のある和室も設けました。

  • 2階のファミリールームから見下ろしたリビング。高窓からたっぷりの自然光が降り注ぎます。

  • やわらかな光に包まれたダイニングスペース。楽しい食事の時間が、より素敵になる空間コーディネートです。

  • 「もう少し娘が大きくなったら、一緒に料理がしたい」という奥さまのご希望で、キッチンには広々とした料理用カウンターを設けました。

  • デウィルズ社製のキッチン。テクスチャーが美しいタイルと人工大理石のカウンターを採用しています。

  • シャンデリア

    華やかな壁紙とピンクパープルの絨毯、イタリア製家具でコーディネートされた奥さまの寝室。シャンデリアには薔薇の飾りが散りばめられています。

  • ご主人の寝室は、2階の塔屋部分を利用して。写真右手には、たっぷりの収納力を持つクローゼットが配されています。家具は、輸入家具専門店で購入したアンティーク。

  • パウダールーム

    奥さまの好みで、パウダールームとバスルームはピンクで統一したそう。夫婦同時に支度ができるように2ミラー・2ボウルにしています。

ディテールにまでこだわり抜いて完成させた、夢に描いたラグジュアリーな暮らし。

ストーン貼りの塔屋をサイドに控えた、ヨーロピアンスタイルのH邸。気品ある切妻飾りを掲げるクリーム色の佇まいは、両端に柱を従えることで住まい全体が高く見えるように設計したそう。門扉とバルコニーのアイアンが、見事の映える美しい邸宅です。そんな素敵な住まいを手にしたHさんですが、家づくりの当初、輸入住宅は頭の片隅にもなかったと笑います。「いくつか展示場などを回る中で、たまたま『ノアデザインインク』のショールームに巡り合ったのですね。その瞬間に『これだ!』と(笑)」。

1階のリビング・ダイニング、キッチンにはドアを設けず、広々としたオープンな空間に仕上げました。ご自身がゆったりとくつろぐことはもちろん、ビジネス上のゲストを招くことも多いため、伸びやかで贅沢な設えにしたかったそうで、「この空間にしたおかげで、新築祝いのパーティでは、会社のスタッフや取引先など、約40名を招待することができました」とHさん。プライベートを楽しむときは、以前から愛用しているカッシーナのソファに腰かけ、80インチのテレビを見ながら、のんびりと時間を過ごすのだそうです。

ダイニングは、イタリア製の家具でまとめ、そこに繊細な造りのチェコ製シャンデリアを合わせました。ベージュの壁紙に絵画をあしらうことで、エレガントながらもやさしい雰囲気が漂います。「構造はもちろん、モールディングや壁紙、調度品に至るまで、『ノアデザインインク』が丁寧にアドバイスをしてくれ、それに沿って自分たちの好みのもので仕上げていきました。まさに理想の住まい。日常生活のステージがアップした気がして、とても豊かな気持ちで暮らせています」。