輸入住宅の建築実例

平屋のセカンドハウスで心を癒す暮らし

  • やさしげな雰囲気を纏う、スパニッシュ・コロニアル様式の佇まい。スペイン瓦はバレンシア地方から取り寄せたもの。美しい色合い、形はもちろん、通気性が高いことから、室内を快適に保つ効果があるのだそう。

  • ゲストルームを兼ねた離れにはアーチをあしらって。床はテラコッタ調のタイルを採用していますが、本物のテラコッタは苔が生えやすいため、週末利用のセカンドハウスでは、メンテナンスフリーの素材がベターという判断をしたそうです。

  • 庭を駆け回った後は、専用の足洗い場で。イタリアタイルを用いて、カラフルに仕上げています。

  • 広々としたテラスを用意。夫婦二人でのブランチも、大勢のゲストを招いての昼食も、ここなら楽しい会話が弾むことでしょう。

  • グレーがかった珪藻土の塗り壁に、パインの床、梁が見事に調和しています。広さは30帖、高さは5m。白い紙の上にすっと墨を引く水墨画をイメージして、このリビングをデザインしたそうです。

  • お菓子づくりなど、生地をこねる作業がしたいとの希望から、I型キッチンにカウンターをプラス。艶やかなスペインタイルと光の反射でキラキラと輝く御影石のカウンタートップが、上質さをより引き立てます。

  • 透明感あふれる海の中に身をゆだねているかのようなマスターベッドルーム。窓の外には、緑が広がります。

  • バスルーム

    ゆったりとリラックスするために、バスルームは広くしたかったそう。バスタブの深さまでこだわったと言います。夏はさっと汗を流せるようにと、シャワーブースも設置しています。

  • 清潔感のあるホワイトを基調に、ゴールドをアクセントカラーとして加えたパウダールーム。

  • ロフト

    離れと同様に、子どもたちや孫、友人たちが来た時に、客間として使えるロフトスペース。トップライトも設えているので、とても明るく、風通しもいい空間です。

陽だまりの中で読書に耽り、愛犬が走り回る。時計の針がゆっくりと進む、やすらぎの世界。

7年前までパリに暮らしていたというオーナーは、その開放的な吹き抜けのリビング、天井近くまである大きな窓のアパルトマンでの暮らしがとても気に入っていたと言います。セカンドハウスである、この住まいを建てるとき、その明るく快適だった想い出を空間づくりに生かしたそうです。夫婦2人と愛犬が過ごす住まいだけに、部屋数は少なくていい。その代り、一つひとつにゆとりを持たせ、オフの時間を心からリラックスして暮らせる空間構成を『つるおか工務店』に依頼しました。

広々としたリビングは、まさにパリのアパルトマンでの生活を再現した、開放感あふれるスペース。基本は平屋ですが、ロフトを設けることで趣味の時間も楽しめ、ゲストが泊まっても余裕で受け止められる設計となっています。また、J邸の特徴は、住まいを包むテラスやガーデンにもあります。どこまでも続くかのようなガーデンは、愛犬が存分に走り回れるように。テラスは大好きなコーヒーを飲みながら、読書に耽る場所として。この住まいを手にしてから、毎年のように出かけていた海外のリゾート地にも行かなくなったと笑います。「夜の帳が下りた庭に腰を下ろしてグラスを傾けると、たまらなく心地いい。こんな贅沢な時間を手にできたことが、この住まいを建てた本当の意義だと感じています」。