輸入住宅の建築実例

宝石のような輝きを放つ住まい

  • 輸入住宅

    宝石のような輝きを放つ住まい

  • イギリスアンティーク家具

    趣きのあるイギリスアンティーク家具と襖絵が、家族、そして訪れる人をお出迎え。ここが日本とは思えなくなるような雰囲気が漂っています。

  • 階段

    反射光が幻想的な雰囲気を醸し出す階段スペース。こんな素敵な陰影のある空間をデザインすることが、大人の暮らし方と言えるのでは。

  • 折り上げ天井

    インテリア、ファブリック、クロスのカラーバランスが見事。格子状の天井も高級感を演出してくれています。

  • ケーシング

    ゲートに守られたダイニングスペースは、まるで絵画のような美しさを放ちます。テーブルクロスやプレートは、季節ごとに模様替えをして楽しむのだそう。

  • キッチン

    奥さまお気に入りのキッチン。大好きなブルーとベルギータイルをあしらって。

  • 奥さまの寝室

    2階にある奥さまの寝室。壁紙のコーディネートも、すべて奥さまの感性によるもの。

  • サニタリー

    白と黒のコントラストが美しいサニタリースペース。空間ごとにオーナーの素敵な感性が輝きます。

  • 洗面化粧台

    ペイズリー柄の壁紙に、蝶があしらわれたタオルを合わせて。こんなさりげないコーディネートが、暮らしの豊かさに差が生まれる理由なのでしょう。

  • テラコッタタイル

    大好きな草木に包まれてひと時を楽しむ。テラコッタタイルを敷き詰めたのも奥さまというから驚きです。

ヨーロピアンエレガントに包まれる暮らし、本物を知る人の感性が花咲く彩りの住まい。

「住まいづくりをするにあたり大切にしたことは、これまで集めたお気に入りの家具や小物、雑貨類が似合う設えにすることです。そのためには、たとえば幅の広い重厚感のあるモールディングなど、ヨーロッパの本物のデザインをきちんと表現してくれるパートナーが必要でした。『フローレンスガーデン』は、私たちの細かな要望にも真摯に応えてくれて、とても心強かったですね」と笑顔を見せるFさん。商社にお勤めになり、モスクワやベルギー、ドイツに長らく駐在していたことから、ヨーロピアンデザインには造詣が深く、住まいづくりにおいては妥協したくなかったと言います。

「完成した我が家は、空間ごとに壁紙を変えるなど、遊び心も加えています。エントランスにはイギリスアンティークのシャンデリアと家具、ベルギーで手に入れた日本の襖絵を掲げ、リビングにはベルギーのアンティーク家具を。ダイニングにはプレートをあしらうなど、それぞれの場所を、それぞれのテーマを持ってコーディネートしています」。

まさにエレガント。その表現がぴったりのF邸は、見事なガーデンも魅力です。実はこのお庭は、すべて奥さまが手掛けられたのだそう。

「薔薇にヤマボウシ、オリーブにユーカリ…。季節ごとに彩る草花、樹木を、一つひとつ選んで植えていきました。リビングやダイニングからの眺めも、とても気に入っています。心からゆったりと暮らせる理想の住まいが手にできて、本当に満足しています」。