輸入住宅の魅力

イギリスの牧歌的な雰囲気を纏う、コッツウォルズ地方に建つ家

コッツウォルズは、イングランド中央部に位置する地方都市。標高300m以上の丘陵地帯で、羊毛の交易で栄えていたこともあり、その地の名の意味は「羊の丘」。牧歌的な景色が広がり、今でも古いイングランドの面影を残した建物が建ち並びます。蜂蜜色の石灰石「コッツウォルズストーン」を使った建物は、まるでおとぎ話の中から抜け出たかのよう。素敵な雰囲気に包まれたその姿は、多くの観光客を魅了しています。

中には築300年を超えるものもあり、19世紀に活躍したアーツ・アンド・クラフツ運動でも有名な芸術家 ウィリアム・モリスからも「英国で最も美しい村」と高く評価されたそう。経年変化を美しさに変える海外の住宅の中でも、ひと際、美しさ、味わいが輝く住まいと言えるでしょう。