輸入住宅の魅力

フランク・ロイド・ライトの代表作「落水荘」

近代建築の三大巨匠の一人、フランク・ロイド・ライト。その設計思想は、建築物と敷地環境との統一感をもたせるというもので、自然素材を積極的に用いられてつくられています。作品のほとんどに横積み切石かレンガ、背の高いフレンチドア、陸屋根か勾配の緩い寄棟屋根、傾いた軒鼻隠し、重ね合わせ板で囲われた広いパラペットのある手摺が用いられています。

ライトが設計した住宅は150棟を下らないそう。中でも落水荘は、1935年にペンシルベニア州のピッツバーグから南東に80キロメートルほどの場所にある、エドガー・カウフマンの邸宅としてつくられました。まるで滝の上に建てられているかのようなその家は、アメリカ建国200年の中で、雑誌社の投票で第1位の名住宅建築に選出されています。ちなみにカウフマンのジュニアは、ライトの弟子だったそうです。

落水荘のような住まいを日本で実現するのは難しいでしょうし、ここまでユニークな空間設計を形にしようとする人はあまりいないかも知れません。しかし、これからこだわりの住まいをつくる人にとって、このような名建築は何か参考になる部分がきっとあるはず。フランク・ロイド・ライトの作品は、帝国ホテル旧館や旧山邑邸(ヨドコウ迎賓館)、自由学園明日館など日本にも存在しますので、機会があれば訪れてみるのもいいでしょう。