輸入住宅の魅力

自然を身近に感じる暮らし。憧れのイングリッシュガーデン

輸入住宅での暮らしは、その伝統的で美しい佇まいはもちろんですが、住まい全体を彩るガーデン(庭)にもこだわりたいものです。今回は、世界のガーデンの中でも多くの人に愛されているイングリッシュガーデンについて、お伝えしたいと思います。
イングリッシュガーデンとは、イギリスでよく見られる自然の美しさを生かした庭を指します。これは18世紀~19世紀にはじまったイギリス式庭園(風景式庭園)の流れを汲んだもので、人工的ではない自然そのままの植物や花を楽しむ庭となっています。
そんな自然を愛でる庭ですから、自分が想い描いたように植物や花を植えればいいのですが、なんでもかんでも自由に植えると見栄えがよくなかったり、生育が悪いという弊害も出てきます。そこで美しいイングリッシュガーデンを生み出すポイントを、以下にまとめてみました。

○建物の塀や小道に沿って、手前から奥にかけて植物が高くなるように植える(ボーダーガーデン)
○花の色は同系色でそろえると、まとまりあるガーデンになる
○花が咲く時期がずれるように種類を選び、植えることで、一年を通じて楽しむことができる
○煉瓦やテラコッタ、木のベンチや柵、ブリキのジョウロなど、自然の風合いが感じられる小物を置くと良く似合い、雰囲気がさらに深まる

植える植物や花の種類は、それぞれの好みにも寄りますし、育て方などは少し専門的になりますので、ここでは割愛します。ガーデン専門誌を参考にしたり、入園できるイングリッシュガーデンも最近はかなりオープンされていますので、訪れてみてはいかがでしょう。これからの輸入住宅での家づくりの中に、楽しみがまた一つ増えるかも知れません。