輸入住宅の魅力

日本の西洋建築の父 ジョサイア・コンドル

日本の西洋建築が本格的に、そして盛んに建てられるようになったのはご存知の通り、明治維新以降です。不平等条約を結ばされ、「不平等条約の改正のためには日本が物心ともに欧化する要がある」と考えた指導層は、外交官など外国の賓客を招く場を建設すべく、明治10年にジョサイア・コンドル(Josiah Conder)を招へいしたのでした。

ジョサイア・コンドルは、ロンドン大学で建築を学び、王立建築学会の若手登竜門といわれる設計コンペで優勝。翌年、24歳で日本に渡ります。日比谷につくられた鹿鳴館を始め、ニコライ堂、横浜山手教会、岩崎家の邸宅など数多くの洋館を残した彼は、まさに私たちが憧れを抱く住まいを日本に誕生させ、根付かせた、“日本の西洋建築の父”と言える人物なのです。

コンドルの功績は、日本の西洋建築を設計しただけではありません。最も偉大な功績は人材を育てたことでしょう。工部大学校(現・東京大学工学部)の建築学教授として来日して以来、日本銀行本館や東京駅などを設計した辰野金吾や赤坂の迎賓館を設計した片山東熊、曾禰達蔵など、その後の日本の西洋建築をけん引する人材を数多く育てあげました。そこで育まれ、花開いた西洋建築は、今なおこの日本で愛され、現在の建築家にも大きな影響を与え続けています。