輸入住宅の魅力

日本初の住宅専門会社『あめりか屋』の功績を知る

旧近衛文麿山荘(市村記念館)/長野県軽井沢町

ハウスメーカーと聞けば、「戦後の高度経済成長期に誕生した」と思うのが一般的。しかし、それよりも数十年前の明治42年(1909年)に、今回ご紹介する『あめりか屋』は創業しました。日本のハウスメーカーの草分け的存在として、政治家や財界人などに愛され、数多くの邸宅や別荘を建てていきます。それらの一部は現存し、今なお受け継がれる西洋の伝統美を、私たちに伝えてくれています。

創業者は、橋口信助(1879年~1928年)という人物。ひと旗上げるべくアメリカに渡り、さまざまな仕事に従事します。そして組み立て式のバンガロー住宅6棟を帰国時に持ち帰り、東京・赤坂に外国人向け貸家を建てるのです。その後、建築家である武田五一のサポートを受けて「住宅改良会」を立ち上げ、政財界の著名人と交流を深めていきました。時代は西洋文化が日本に流れ込み、別荘という概念も生まれ始めた頃。徳川家や細川家、大隅家などの別荘を軽井沢に次々と建築し、信用と実績を高めていったのです。

「住宅改良会」という名の通り、橋口氏は和洋折衷ではなく、暮らしに椅子を採り入れたモダンなスタイルを提唱します。リビングを中心とした家族中心の洋風住宅が日本で展開したのは、彼の功績と言えるでしょう。輸入住宅が大好きな私たちの源流は、橋口氏がアメリカで感銘を受け、洋風建築を日本で広めようと考えたそのセンスにあるのではないでしょうか。

あめりか屋近衛別荘

旧近衛文麿山荘(市村記念館)/長野県軽井沢町

あめりか屋の住宅は、柱を見せない大壁の外観に特徴があります。多くの建物では1階の外壁を下見板張り、2階の外壁をモルタル塗りで仕上げられていますが、大正後期では全体をモルタルで設えることが多くなったそうです。あめりか屋が手掛けたそれらは、たとえば軽井沢では水戸徳川家13代当主徳川圀順の別荘として建設され、現在登録有形文化財とされている旧田中角栄別荘や旧近衛文麿山荘(市村記念館)などが有名。また、名古屋市には二葉館(名古屋市旧川上貞奴邸)があり、これも国の文化財に登録されています。日本の輸入住宅のルーツを辿る旅をしてみると、きっと素敵な思い出、みなさんのセンスの1ページになるはずです。