輸入住宅の魅力

赤毛のアンで有名なプリンス・エドワード島

プリンス・エドワード島

小説・赤毛のアン。この物語の背景にあるのが、今回ご紹介する「プリンス・エドワード島」です。作家ルーシー・モード・モンゴメリが少女時代に過ごした地で、その思い出が物語に投影されていると言います。雄大な自然はもちろんのこと、主人公のアンが暮らす家のモデルとなった「グリーン・ゲイブルズ・ハウス」も現存し、多くの方を魅了してやみません。毎年、日本をはじめ、世界中から多くの観光客が訪れています。

プリンス・エドワード島 アンの家

主人公のアンが暮らす家のモデルとなった「グリーン・ゲイブルズ・ハウス」

プリンス・エドワード島は、カナダの東端にあるセントローレンス湾に浮かぶ島です。北緯46度14分に位置し、トロントから1600キロほど離れています。冬は降雪量が多く、気温もとても低くなります。よってプリンス・エドワード島の住まいは、日照時間が短い時期でも快適に過ごせる工夫が散りばめられています。

外観フォルムは、北米住宅の伝統的なデザインです。グリーン・ゲイブルズ・ハウスの名の通り、鮮やかな緑をあしらったものや淡いブルー、イエローなど、外壁はとてもカラフル。とは言っても決して派手ではなく、周囲の自然と調和するとてもやさしいイメージの外観となっています。そのやさしさは、ラップサイディングによる設えから来るものでしょう。

切妻屋根にドーマーや高窓を取り付けます。これは冬でも自然光を効率的に室内に取り込むための工夫。気候のよい時期には、その心地よさを存分に楽しむことができるカバードポーチも、プリンス・エドワード島の住まいの定番です。このカバードポーチは、雪よけの役割も果たします。

海外の人々は、室内空間の彩り方がとても上手。部屋ごとにクロスや壁の色を変えるなど、どこにいても気分が落ち着き、華やぐようにコーディネートしますが、プリンス・エドワード島に暮らす方々もそれは同じ。また、家具やファブリック、そして見せるように収納された食器類なども、暮らしを豊かにしてくれます。色遣いや家具の配置、そこに置かれる小物なども、とても参考になります。

ぜひ一度、訪れてみたいプリンス・エドワード島。でも、なかなか出かけられないという方は、プリンス・エドワード島の写真を検索するとたくさん出てきますから、それらを見ながらイメージを膨らませてみるといいでしょう。ナチュラル・カントリー系の住まいに憧れを抱く方にとって、とても役立つバイブルです。