輸入住宅の魅力

お部屋を華やかに彩るシャンデリアの基礎知識

クラフトメイド

輸入住宅、特に洋館スタイルがお好きな方にとって、シャンデリアは憧れの一つだと思います。シャンデリアが飾られているだけでお部屋は一気に華やぎ、上質な雰囲気が漂います。暮らしを豊かに、優雅にするためには、欠かせないアイテムかも知れません。今回は、そんなシャンデリアにまつわる基礎知識をお伝えしたいと思います。

シャンデリアの歴史

シャンデリアを歴史的に遡ってみると、もともとは中世ヨーロッパにおいて、教会などの大きな建物の照明として使われていたものにたどり着きます。多くの場合、それは十字架の形をしており、そこにローソクを立て、天井から吊るしていたのです。シャンデリアの語源が「candle(キャンドル:ろうそく)」や「candere(ラテン語で白く光る、輝くの意味)」と言われているのが理解できますね。

そんな教会の照明が、現在のような形に変化し始めるのが15世紀以降。十字架が基本でしたが、デザインが多様化していき、装飾的な意味合いが濃くなります。18世紀にはクリスタルガラス製のものが登場。電球と組み合わせることで、今のシャンデリアへと発展していくのです。

クリスタルガラス

シャンデリアを構成する要素として、まず挙げられるのが前述のクリスタルガラス。クリスタルガラスとは鉛ガラスの一種で、透明度と屈折率が高く、まるで水晶(クリスタル)のように輝く美しいガラスです。ちなみに肉眼では無色透明よりも、わずかに青みを帯びたほうが美しい透明と感じるようで、着色剤を用いて色調整をすることが多いよう。クリスタルガラスはシャンデリアの他、グラスやレンズ、ジュエリーなどにも用いられ、世界中の人々から愛されています。

シャンデリアにおいて、このクリスタルガラスを用いて光を反射させる装飾のことをドロップといいます。ドロップには球形や涙形、剣形など、さまざまなデザインがあり、その形状やカットの仕方が、シャンデリアの雰囲気を決める重要なファクターとなります。もちろん透明ではなく、ブルーや赤など、色が付いたドロップも素敵です。

水雷球

クリスタルガラスとともに大切なのが、水雷球と呼ばれる炎やろうそくを模した電球。これがないと、照明として成り立たちませんし、あの華やかな雰囲気が生まれませんね。現在は、先端が長く、少し曲がっているタイプが人気を集めているようです。
また、フレームやアームによってシャンデリア全体の形が決まります。ぜひ、空間の広さや仕上げたい雰囲気(イメージ)をしっかりと見定めてシャンデリア選びをしましょう。アンティークものには、現在の既製品にはない独特の深みが感じられます。

照明計画

最後に気を付けておきたいのが重さ。装飾が多くなればなるほど、シャンデリアは重くなります。20㎏を超えると天井部分の補強が必要となりますので、あらかじめ設計段階から照明計画をきちんと立てておきましょう。前述のドロップの解説にもありましたが、カットの仕方で光の反射が変わりますので、購入する際は、実物を見て、光を付けて確認することをおススメします。