輸入住宅の魅力

アメリカにおけるアーツ・アンド・クラフツ運動の影響が見て取れる「外交官の家」

横浜山手に建つ「外交官の家」は、その名の通り、明治政府の外交官であった内田定槌氏の邸宅です。明治43年(1910年)に、アメリカ人のJ.M.ガーディナーによる設計で、東京・渋谷の南平台に建てられました。横浜市が平成9年(1997年)に寄贈を受け、山手イタリア山庭園に移築・復元。現在に至ります。

建物は、アメリカン・ヴィクトリアン様式を色濃く反映した木造2階建てで、塔屋が特徴の佇まいです。天然スレート葺きの屋根、下見板張りの外壁には華麗な装飾が施されています。1階は食堂や大小の客間が展開されているのは、おそらく外交官としてさまざまなゲストをお招きしたからでしょう。重厚な雰囲気の空間が広がっています。
一方、2階は寝室や書斎などがレイアウトされ、プライベート空間としてゆったりと過ごしていたであろう当時の面影が感じられます。部屋の家具や装飾はアール・ヌーボー風の意匠が施されており、アメリカにおけるアーツ・アンド・クラフツ運動の影響も見て取れる空間は、とても優雅です。

この外交官の家は、国の重要文化財に指定されています。入場は無料ですし、付属棟には喫茶室も設けられているので、一度訪れてはいかがでしょう。特にアーツ・アンド・クラフツ運動の意匠を参考にしたい方には、とても勉強になる建物のひとつです。