輸入住宅の魅力

建築当初の趣きを再現した重要文化財「風見鶏の館」

神戸、風見鶏の館

神戸北野異人館街で、先にご紹介した「うろこの家」とならび有名なのが「風見鶏の館(旧トーマス邸)」です。明治42年(1909年)頃に、ドイツ人貿易商であるゴッドフリート・トーマス氏の自邸として、同じくドイツ人の建築家、ゲオルグ・デ・ラランデの設計によって建てられました。ネオ・バロック様式を基調としたそれは、煉瓦に包まれた外観に尖塔、その上に設えられた風見鶏が印象的。輸入住宅を愛する人々にとってこの姿は、一つの憧れの形といえるでしょう。

建物は半地階付きの2階建て(一部は3階建て)。地階部分は御影石積み、1階部分は煉瓦造、2階部分は木造ハーフティンバーで仕上げられています。屋根は寄棟でスレート葺きとなっています。当時を再現した室内には、西洋アンティークの人形やトーマス家の写真、洋家具などが飾られています。ちなみにトーマス家を題材としたわけではありませんが、NHK連続テレビ小説「風見鶏」で紹介されたことから一気に認知度が上がり、今も多くの観光客が足を運びます。

昭和58年12月から昭和60年3月にかけて本格的な保存修理を実施し、可能な限り、建築当初の姿として再現されましたが、平成7年(1995年)の阪神淡路大震災によりほぼ全壊。元の建材を70%以上使用し、1年8ヵ月もの歳月をかけ、再建されました。その努力が認められ、1978年に指定された国の重要文化財はそのままに。この美しい姿はもちろん、うろこの家やその他の異人館巡りに出かけてみてはいかがでしょう。

住所:神戸市中央区北野町3-13-3
営業時間:9:00~18:00(入館は17:45まで)
定休日:6月・2月の第1火(祝日の場合は翌日休)