輸入住宅の魅力

西洋人の憧れと美意識が融合した「シノワズリ」

ピルニッツ宮殿「山の宮殿」(ドイツ・ドレスデン)

ピルニッツ宮殿「山の宮殿」(ドイツ・ドレスデン)

シノワズリという言葉をご存じでしょうか? シノワズリは17世紀半ばから18世紀半ばに、ヨーロッパにおいてたいへんな人気を博した中国趣味の美術様式のこと。特に18世紀半ば頃にはロココ(バロックに続く時代の美術様式)趣味と相まって、人気は最高潮に達したそうです。当時、ヨーロッパでは中国の陶磁器の洗練された美しさ、技術を真似ようとしますが、産出される土などの問題でなかなか思うように行きませんでした。そのようなことから中国の陶磁器に対する価値は高まり、憧れもより募るようになります。そんな中、17世紀後半から彩色陶磁器において中国陶磁器の図案を採り入れる方法が生まれ、それらがシノワズリとなって流行していったのです。

シノワズリとは、フランス語で「中国趣味」という意味。前述の美術工芸品だけでなく、服飾やインテリア、絵画など、幅広い分野で採り入れられ、発展しました。ここで気を付けたいのは、シノワズリは中国文化を「再現」したものではないということ。あくまでもヨーロッパ人が抱く、中国(東南アジアや日本を含むオリエンタル)のイメージで、たとえば絵画を見てみると、幻想的な山水風景の中に中国の人が描かれますが、その作風はあくまでもロココ調。当時のヨーロッパ人の東方異国趣味が花開いた、新しい様式美なのです。

今もこのシノワズリをこよなく愛する方は少なくありません。当然ながら輸入住宅の設えはシノワズリとの相性も良く、壁紙やそこに合わせるインテリア、陶磁器などの小物などによって、住まい全体ではなくとも、空間の一部をヨーロッパから見たオリエンタルな雰囲気に仕上げることができます。輸入住宅を考える場合、ヨーロッパのデザインに思いを馳せがちですが、ちょっと視点を変えて、往時のヨーロッパ人が愛したデザインという観点からも捉え、プランニングしてみてはいかがでしょう。きっとコーディネートの幅が広がることと思います。