輸入住宅の魅力

シンプルだけど印象的、少しレトロさも感じられる「アール・デコ」

前回は「アール・ヌーボー」について解説しましたが、「アール・ヌーボーとアール・デコはよく似た名前だけれども、いったいどこがどう違うの?」といった疑問を抱く方も少なくないようです。そこで第2回目は、「アール・デコ」についてお伝えしたいと思います。

アール・デコとは、アール・ヌーボーの時代に続き、1910年代半ばから1930年代にかけてヨーロッパやアメリカを中心に流行・発展した装飾美術のことを言います。曲線が用いられたアール・ヌーボーとは異なり、直線的なデザインが特徴で、それに加えてある一点から放射された線や正円、円弧、連続的な波などの幾何学模様などによって構成されています。一つひとつ手づくりというよりは、機械による大量生産方式から生み出されたもので、建築はもちろん、インテリアなどにも採り入れられました。

このアール・デコが世界中に広がったきっかけは、1925年にパリで開催された「現代装飾・工業美術国際博覧会」。装飾的なものよりも、シンプルで機能的なデザインが注目を集め、各地に広まっていくのです。当時は大量生産の真っ盛り。このような時代背景もアール・デコを生み、アール・デコを流行させた理由の一つでしょう。ちなみに現代装飾・工業美術国際博覧会はExposition Internationale des Arts Décoratifs et Industriels modernes、略称としてアール・デコ博と呼ばれました。そこからこのような装飾美術をアール・デコと言うようになったのです。

アール・デコが特に流行ったのがアメリカ・ニューヨーク。建築の世界でいえば、クライスラービルディングやロックフェラーセンター、エンパイアステートビルディングなどの高層建築に用いられ、それらは現在もニューヨークのランドマークとして多くの人に愛されています。先ほど、シンプルで機能的なデザインと言いましたが、現代のシンプルモダンデザインと比較すると、装飾的に感じるかも知れません。また少しレトロな印象を持たれる方もおられることでしょう。「アール・ヌーボーのような、そこまで装飾性は高くなくてもいいけれど、少し印象に残るデザインを採り入れたい」という方は、一度、アール・デコを検討してみてはいかがでしょう。建築の装飾だけではなく、インテリアも数多く生み出されていますので、うまくコーディネートすれば、きっと個性的で素敵な空間に仕上げられると思います。