輸入住宅の魅力

アメリカ文化を肌で感じる「福生アメリカンハウス」

福生アメリカンハウス

福生アメリカンハウス 写真:公益財団法人 東京市町村自治調査会 HPより

輸入住宅を愛する人の中には、「アメリカンハウス」に心惹かれる人も多いことでしょう。そんな本物のアメリカンハウスを見学できる場所が、東京・福生市にあります。福生市には米軍の横田基地があり、周囲にはアメリカンないでたちの店舗が立ち並ぶなど、「アメリカに舞い込んだ!」気分にさせられる街。そこにはその昔、「米軍ハウス」が整備され、数多くのアメリカンハウスが建築されました。

米軍ハウスとは、1951年の朝鮮戦争で基地の人員が増えたことで、基地内で収まりきらなくなった米兵が暮らすためにつくられた住宅のこと。その後も人員は増え、1970年頃には庭付きの白い平屋の家がたくさんつくられました(なんと最盛期には2000棟も!)。その後、基地の人員縮小に伴って空き家が出るようになり、そこに日本人が暮らすようになるのです。誰もが知るミュージシャンたちが住んだことでも有名です。アメリカ文化を肌で感じるには絶好の住まいだったのでしょう。今では150棟ほどしか残っていないこともあり、順番待ちが出るほどの人気物件だそうです。

そんな米軍ハウスを見学できる場所が、「福生アメリカンハウス Fussa American House」です。Fussa American Houseは1958年に建てられた米軍ハウスで、建物の中を自由に内覧することができます。3LDKですが、海外の住宅を想像していると少し拍子抜けしてしまうくらいコンパクト。でも、そのコンパクトさこそ、日本の住宅事情に即したもので、これから住まいづくりを考える方にはとても参考になると思います。何といってもアメリカンなインテリアコーディネートには、強い興味を覚えることでしょう。

さらに、このようなアメリカ文化を肌で感じたい人におススメなのが、横田基地。基地内には病院、郵便局、消防署、学校、将校クラブ、下士官クラブ、ゴルフ場、教会、住宅など点在しており、まさにそこはアメリカの日常。もちろん基地内に入るには、一般人には厳しい制限が設けられています。

そこで利用したいのが、「一般開放イベント」。年に数回、一般に開放されるイベント時には、許されたエリア内に限り入場することが可能となります(持ち物検査・身分証提示が必要となることもあるので注意)。たとえば1月のフロストバイトロードレース(参加希望者及び同伴者のみ)や4月に開かれるサクラの開放日、6月に開催される横田駅伝(参加希望者及び同伴者のみ)、8月の日米友好祭などです。その他、演奏会や基地内ツアーなどもありますので要チェック。ぜひ本物のアメリカを感じ、心に刻まれた憧れを住まいづくりに生かしてください。

福生アメリカンハウス Fussa American House
電話:042-513-0432(営業日のみ)
営業日:金曜日、土曜日、日曜日、祝日のみ 午前11時から午後5時まで
住所:福生市福生2476-1 G-14