輸入住宅・間取りのヒント

輸入住宅の間取り計画に欠かせないオープンプランニングの思想

オープンプランニング

単に広い空間をつくればよいという間違った発想

住まいの中には寝室のようなプライベートな空間もあれば、リビングルームやダイニングルーム、キッチンなどの社会的空間もあります。この社会的空間は必ずしも区画閉鎖する必要はなく、連続空間にすれば空間容量が増し、豊かな住空間演出が可能となる、という空間演出技法がオープンプランニングというものです。

しかしながら、このように訳すると北米住宅に見られるオープンプランニングが持つ思想をしっかりと理解せずに、“単に広い空間をつくればいい”と勘違いする人も少なくありません。ここでは、オープンプランニングとはいったい何なのか、その思想はどのようなものなのかを解説したいと思います。

上質な暮らしというものに対する、価値観の違い

北米の住宅設計の傾向として、エントランスホールからリビングルーム、ダイニングルーム、DEN、キッチンというフォーマルな社会的役割を担う空間が、ひとつの連続空間としてつくられることが多く、このことがオープンプランニングの技法として日本に紹介されてきました。この連続した空間は、平面だけでなく、複数階にわたって立体的にも連続した吹き抜け空間を持っていることから、従来の日本の住宅にはなかった巨大な居室空間を生み出すことになりました。しかしながらその一方で、オープンプランニングをエネルギー不経済の計画、プライバシーの守られにくい計画、落ち着きの得られない計画と指摘する人がいるのも事実です。

もし、オープンプランニングに対する否定的な見方が正しいとするならば、なぜ北米の人々は不経済でプライバシーがなく、居心地のよくない住空間を志向しているのでしょうか。住宅がもっぱら“ねぐら”であって、家族全員が下宿人同様になっている住宅では、ねぐらの快適性・経済性が追求されればいいでしょう。しかし、住宅の中での生活時間が長く、そこで家族が思い思いの社会生活(家族相互であったり、家族以外が参加することもある)が、行われるようになってきた場合は、求められる質はおのずと異なってきます。住まいの中に家族共用の浴室が1か所、共用のトイレが1か所あり、家族がバスタオルを腰に巻いたまま寝室まで行き来したり、肌着姿で家の中を徘徊してもよいと考えるライフスタイルと、家庭内であっても家族の私的な生活と社会的生活は区別すべきと考えるライフスタイルとによって、当然、住宅計画のあり方は違ってくるのです。

自己を主張し、尊重し合える空間、それがオープンプランニング

ここで北米住宅におけるオープンプランニングを、今一度、整理してご紹介したいと思います。それは、『玄関ホール、応接室、書斎、正食堂というフォーマルな公室(社会生活空間)と、勝手口、居間、食堂、台所というインフォーマルな公室(非社会的生活空間)とのそれぞれの間仕切りを設けない1空間として設計する技法』です。さらにこれらの空間は上階に向けて吹き抜けていて、天井の高さを感じさせない空間としてつくられる場合が多いようです。

従来までの住宅計画は、個人の寝室という私室と対等な関係でリビングルームやダイニングルーム、キッチンなどの公室が並列的に計画されていました。しかし、公室系列をアトリウム(家族の生活の広場)として設計したオープンプランニングは、住宅内での家族の社会的生活と私的生活との間にメリハリを生み出したのです。住宅内を下着姿で行き来する日常空間だけにするのではなく、寝室では下着姿でいても、居間では家族の社会生活の場として個人の立場を尊重し合った家庭着を着て、家族相互に自己を主張し、お互いがその人を尊重し合える空間をつくろうとする考え方が、オープンプランニングなのです。

高級な住宅、上質な暮らしは、豪華な建材では生まれない

オープンプランニングの導入は、公室空間をよりいっそう社会的に、私室空間をよりいっそう私的に生活享受できるようにしました。たとえば主寝室は夫婦の私的な生活を完結できるように、バス、トイレ、化粧空間、クローゼットを持つことが前提となっています。夫婦が公室空間を通り抜け、公室空間からの視線を受けなければバスやトイレにいけない生活は、夫婦にとって貧しい生活であるとの認識が今や広まっています。

高級な住宅、上質な暮らしというものは、使用する建材が豪華であるから生まれるというものではありません。来客中に家族が公室の一部として計画されているトイレでなければ用便できなかったり、玄関から用便や入浴がうかがわれる住宅は、どれだけ豪華な材料や家具が使われていても、決して高級・上質にはなり得ないのです。公室にオープンプランニングの技法を採用するということは、単に空間として公室系列が連続しているということではなく、“公室空間を住宅内における社会的生活を営むために必要な空間として設計すること”なのです。