輸入住宅・間取りのヒント

映画のワンシーンのような素敵な時間を届けてくれるカバードポーチ

暮らしにゆとりと豊かさをもたらしてくれる、プラスαの空間。

カバードポーチとは、玄関ポーチに連なるように屋根を延ばした、屋根付きの半屋外空間のことです。アメリカンスタイルの家ではよく見られるデザインで、北米の住宅地を訪れて見かけたという方や、映画の中で見たことがあるという方も少なくないのではないでしょうか。このカバードポーチは、住まう人の憩いの場になることはもちろん、隣人とのコミュニケーションの場所として活用されてきました。デザイン的にもお洒落なので、日本における輸入住宅でも、とても人気の高いプランです。ではここで、カバードポーチを設けることのメリット・デメリットをお伝えしましょう。

カバードポーチのメリット

・外壁から一つ前にせり出したような空間が生まれるため、外観プロポーションにどっしりとした落ち着き、高級感を与えてくれる。
・隣人を気軽に招くことができ、コミュニケーションが深められる。
・半屋外空間ゆえに、四季の移ろいや、爽やかな風など、自然の恵みが感じられる。
・リビングルームとつなぐことで、さらなる大空間が楽しめる。
・軽い食事やお茶、読書を楽しむ場として、またはBBQやホームパーティなどにも大活躍してくれる。
・屋外から見た場合、カバードポーチがあることで、リビングルームなどがダイレクトに見えにくくなり、プライバシーが確保される。

カバードポーチのデメリット

・敷地(庭)にゆとりがないと実現しにくい。
・壁のない部屋と同じくらいのコストがかかる。
・風雨にさらされる機会も多いので、メンテナンスが必要。

このようなメリット・デメリットが考えられますが、デザイン的にも、暮らしの豊かさとしても検討してみる価値は大いにあるカバードポーチ。敷地形状や建物のデザインに合わせて、さまざまなプランが考えられますので、建築実例写真を見ながら理想の形を探してみてはいかがでしょう。