輸入住宅・間取りのヒント

子どもたちはいずれ巣立つもの。その自立心を育む輸入住宅の子ども部屋

輸入住宅の子ども部屋

米国では子どもの寝室に対する関心は非常に低い

子どもが夫婦にとっての宝物であることは、日本であっても、欧米であっても変わることはありません。そんな愛する息子、娘たちのために子ども部屋(子どもの寝室)のプランニングに力が入るのは、ある意味仕方がないことかも知れません。しかし、日本における住まいづくりでは、夫婦が過ごすマスターベッドルームが圧迫されてでも、子ども部屋の快適性、機能性を重視する傾向が強いように感じます。

子どもはいずれ巣立つものです。いえ、巣立たなければなりません。しかし今の日本を見ると、いつまで経っても大人になれない症候群(ピーターパンシンドローム)や親に依存し続けるパラサイトが散見されるのが現実と言えるでしょう。

米国の設計者は、子どもの寝室に対する関心は非常に低く、住宅計画の中心はあくまでも夫婦にあります。主寝室にはバス、トイレ、ウォークインクローゼット、書斎コーナーを必ず設け、子ども部屋は余剰の空間につくるのが常識なのです。これは、子どもは大人になって巣立つまでの間、養育しているという意識が強いことから来ています。大人になってまで家族の一員として家の中にいることは考えていません。むしろ大人になったら家から出てもらうというライフスタイルなのです。

よって子ども部屋は余剰空間につくるものであり、場所がなければ屋根裏でも地下でもいいという考え方。そのことで子どもたちは両親の生活環境をうらやましく思い、大人になって早く独立し、自分も立派な主寝室のある家を持とうと考えるようになるのです。住まいは人を育む場でもあります。快適な子ども部屋から巣立ちたくないと思う未熟な大人を育てるのではなく、立派な人間として育てるためにも、米国の子ども部屋に対する考え方をぜひ見習ってはいかがでしょう?