用語集

ビルトインガレージ

建物と一体になった車庫のこと。

***ビルトインガレージを計画する際に気を付けるべきポイント

ビルトインガレージは、愛車を雨や強い陽射しなどから守ってくれることから、住まいづくりの際に計画される方も少なくないと思います。車へのいたずらも防げるなど、メリットばかりに目が行きがちですが、実はデメリットも存在します。

デメリットをしっかりと理解しておかないと、理想とする住まいから程遠くなってしまったり、思った以上のコストがかかってしまうこともあるのです。そこで「ビルトインガレージを計画する際に気を付けるべきポイント」を用意しました。これを読めば、憧れのビルトインガレージを“失敗することなく”実現できます。

***ビルトインガレージのメリット・デメリット

ビルトインガレージは、住まいと一体化させるものですから、注意点がいくつか存在します。まずはビルトインガレージのメリットを見ていきましょう。

■敷地の有効活用
ビルトインガレージの上に居室を設けることができるため、平置き駐車場と比べて敷地を有効活用することが可能。

■クルマを守る
屋根付きの駐車場だから、愛車を風雨から守り、強い陽射しによる「焼け」も防ぐことができる。また、パンクや傷をつけるなどのいたずらからも愛車を守る。

■荷物の出し入れに便利
雨に濡れずに乗降できるので、荷物の出し入れにも便利。

■趣味の部屋としても活用
ビルトインガレージは、いわば一つの居室のようなもの。駐車スペースだけでなく、メンテナンスやDIYを楽しむ空間として、趣味に興じる場所としてなど、いろんな用途で活用することが可能。

では次に、デメリットも見ていきましょう。

■コスト増
シャッターの設置や照明、床の補強など、コストが増える。趣味の部屋としても使用する場合は、さらにコストが膨らむ可能性大。

■居住空間が狭くなる
敷地を有効活用できるが、駐車スペース分だけ居住空間を圧迫することにもつながる。特にエントランス周りの間取りに影響が出やすい。

■強度の問題が発生
開口部が生まれるため、その分、躯体強度に影響が出る。開口部の大きさによっては、強度上、実現できない場合もある。

■音、振動問題
クルマの音や振動は居室に伝わりやすい。排気ガスのニオイが居室に流れ込む可能性もある。


***ビルトインガレージで失敗しない注意点や工夫・アイデア

では、憧れのビルトインガレージをつくる際に、気を付けるべきポイントをお伝えしていきます。ビルトインガレージにも法規制が適用されたり、構造上の制約も生まれます。詳しくは依頼する住宅会社に確認しましょう。

■クルマの大きさ、作業のしやすさを確認
クルマの大きさを計り、ドアを開けたときのゆとり、さらは乗り降りやトランクへの荷物の出し入れなど、作業のしやすさを考慮して設計しましょう。

■動線を考える
ガレージからの居室への出入り動線をしっかりと考慮しましょう。日常の買い物の荷物の運び入れ(特にキッチン・パントリーへの動線)が面倒だと、暮らしにくさを感じてしまいます。

■床の強度、材質
強度が必要なため、歩行用のコンクリートより割高になります。クルマのメンテナンスをされる方は、特殊コーティングされた床材を検討するといいでしょう。

■水に注意
ガレージで水を使用する方は、蛇口の設置はもちろん、水勾配や排水設備が必要となります。また、前面道路との高低差も十分に考慮しましょう。それを考えておかないと、大雨の際に雨水の浸水を招くおそれがあります。

■窓・換気扇
採光や排煙のための窓を設置しましょう。またメンテナンスをする方は、換気扇の設置は必須です。

■法規制、容積緩和
車庫の床面積が容積率に算入されないための上限は、延べ床面積の1/5です。


***まとめ

〇ビルトインガレージにはメリットとともにデメリットもある
〇特にデメリットの面をしっかりと理解し、それらの対策を講じた設計・計画が欠かせない
〇6つの注意点、工夫・アイデアを参考にしよう

ビルトインガレージは、単なる駐車スペースではありません。居室のような捉え方で、細かな部分まで配慮して設計・計画することをおススメします。ぜひ理想のビルトインガレージを手にしてください。