用語集

石積み(ストーン)

・ドレスド:切石積み
・クォイン:隅石積み
・アシュラー:乱石積み
・ピラスター:壁付柱
・コブル:玉石積み

・アシュラー
矩形の組石で表面仕上げがされ、目地を小さくした継手で積み上げる。大工仕事でいうアシュラーは、垂木と根太の間をつなぐ軒部分に見られる材

・バッキング
祖石造で、化粧積みを採用する場合の下地構造躯体のこと

・クォイン
大きな石、矩形の木塊、または煉瓦で、建物の装飾のために、その出隅部分に縦に積み上げられる。歴史的には、構造的に建物を強化するためのものである。このクォインの大きさは同じである場合も、そうでない場合もある。コイン、またはコイン・ストーンともいう

・バックフィル
裏込め、組積造で雨水の排水を円滑にするため砂利等による埋め込みで、英国ではインフィルともいう

・メイソンリイベニア:化粧積み組積造
・ブリック・ベニア:煉瓦の化粧積み
・ストーン・ベニア:石の化粧積み
・クラップボード:下見板張
・ベベル・サイディング:下見板張
・ボード・アンド・バッテン・サイディング:縦板張
・ドロップ・サイディング:本実下見板張
・ラベテッド・ベベル・サイディング:段重ね下見板張
・シップラップ・サイディング:重ね合わせ下見板張
・アスベスト・セメント・サイディング
・アスファルト・ロール・ブリック・サイディング